日常会話からできる「やりがい」を見つけ、高める方法

最終更新日:2020/07/14

Writing by:堀尾 司

ある会社では、「仕事人生に主人公意識を持ち、前向きに、主体的に努力し続けること」を「キャリア自律」と定義しているという。このキャリア自律は、個人が仕事で成長するために必要な要素だ。

外的キャリアと内的キャリア

そして、会社や組織は、キャリア自律の支援をすることで、個の力をより引き出せるという関係にある。

キャリアには大きく「外的キャリア」と「内的キャリア」があると言われる。会社・部署・役職・資格など外から可視化されたものが「外的キャリア」であり、働きがい・やりがいなど心の中で感じるものが「内的キャリア」だ。

かつては「外的キャリア」が今よりも価値を持っていた。「〇〇会社の部長」というだけで認められることもあり、目指すステイタスになりやすかった。しかし日本型終身雇用慣行が崩壊し、ポスト不足が生じるなかで、そうした概念は薄れていった。

また労働市場の流動性が増すなかで、肩書きだけでは価値が伝わらず「何ができるのか」「どんな実績があるのか」といった能力やスキル、あるいはパーソナリティが重視される度合いが強まった。

個々人も、その会社でどんな経験が積めるのか、自身はどんな貢献ができるのかといったことへより意識が向くようになっているのではないだろうか。

どうしても譲れないものはなにか?

『キャリア・ダイナミクス』を著したエドガー・H・シャインは「キャリア・アンカー」という考え方を説いている。これは「個人がキャリアを考えるうえで、どうしてもそれだけは絶対に外せない拠りどころとするもの」を指すものだ。

「キャリア・アンカー」に今の仕事が重なっていれば、キャリア自律もしやすく、パフォーマンスも発揮しやすい。しかしもし重なりがなければ、その職場で仕事を続ける意味を見失ってしまう。

もちろん、自身の希望が100%満たされる職場で働くことはほとんどない。むしろ、ある程度のギャップは自らの力で埋めていくくらいの気概が必要だろう。またキャリア・アンカーは固定されたものではないので、自身の成長に合わせて変化することもある。

大事なのは、個々がキャリア・アンカーを自分で考え続けることができること、そしてキャリア自律をし続けることができることだ。その状態になれば、自身の成長と事業の成長を重ね合わせながら、自律的に仕事ができるようになる。

キャリア自律に向けた3つの問い

その際の基本的な問いが3つある。

1. 自分は何が得意か(能力や才能に関する自己イメージ)
2. 自分は何をやりたいのか(欲求・動機に関する自己イメージ)
3. 何をしている自分に意味を感じるか(意味・価値に関する自己イメージ)

これらの問いを真正面から突き詰めていくのは、「やりたいこと」が明確でない人によっては結構しんどい。しかし、こうした問いを考える機会があると、自問自答することが増え、直面している仕事の見方が変わるかもしれない。

日頃のフィードバックも参考に

「他の人は大変と言うけれど、自分はこの業務は苦もなくできる」「あのお客さんが言っていたことを是非実現してみたい」など思うだけで、仕事への取り組み方は変わるだろう。この状況は、キャリア面談だけではなく、日常の会話からつくり出すこともできるはずだ。

上司が一言「Aさんはこういう場面で力を発揮するよね」とフィードバックしてあげたり、「Bさんは今日のお客さんが言っていた言葉をどう感じた?」と投げかけたりすることが、考えるきっかけになる。

自分の行動に自覚を高めることは、「内的キャリア」向上への第一歩と言える。「内的キャリア」が充実すると、本人のモチベーションも、仕事や会社へのコミットメントもあがる。そのサイクルを、日常の会話からつくり出してみてはどうだろうか。

おすすめ記事

営業から人事へのキャリアチェンジ体験談

こんにちは。CANTERA ACADEMY3期卒業、杉田みずきです。人事の方の中でも、営業から人事へキャリアチェンジされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そしてその中でも、自身が想像していたキャリアに人事が”あった方”、”なかった方”と状況はそれぞれだと思います。私自身も2019年4月より、営業から人事へキャリアチェンジをしました。当時私の想像していたキャリアに、人事は全くありませんでした。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

採用ブランディングは「誰に嫌われるか」

私はあくまでもいち企業の人事であり、ブランディングのプロではないが、必ずしもより多くの人から応募を集めることが採用ブランディングだとは思わない。むしろ、『誰から嫌われるか』こそが採用ブランディングにおいて重要なことだと思う。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

執筆者

堀尾 司

CANTERA責任者 兼 講師
(株)All Personal代表取締役CEO 1973年北海道生まれ。1994年(株)リクルート入社。2004年ソフトバンクBB(株)入社。ソフトバンク通信事業3社を兼任し、営業・技術統括の組織人事責任者に従事。2012年グリー(株)入社。国内の人事戦略、人事制度、福利厚生、人材開発の責任者を歴任。2014年より東京東信用金庫に入庫し地域活性化に従事。
2017年6月(株)AllDeal創業。2018年11月、(株)All Personalに社名変更。

株式会社人材研究所 代表取締役社長の曽和利光氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第4回目】(後半)

2020年5月22日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.4」を実施いたしました。 今回は株式会社人材研究所 代表取締役社長である曽和利光氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社人材研究所 代表取締役社長の曽和利光氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第4回目】(前半)

2020年5月22日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.4」を実施いたしました。 今回は株式会社人材研究所 代表取締役社長である曽和利光氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社マクアケ 代表取締役社長の中山亮太郎氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第2回目】(前半)

2020年5月15日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.2」を実施いたしました。 今回は株式会社マクアケ 代表取締役社長である中山亮太郎 氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社マクアケ 代表取締役社長の中山亮太郎氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第2回目】(後半)

2020年5月15日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.2」を実施いたしました。 今回は株式会社マクアケ 代表取締役社長である中山亮太郎 氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社カオナビ 取締役副社長 COOの佐藤寛之氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第1回目】(後半)

2020年5月12日(火)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.1」を実施いたしました。 今回は株式会社カオナビ 取締役副社長 COOである佐藤寛之 氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社カオナビ 取締役副社長 COOの佐藤寛之氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第1回目】(前半)

2020年5月12日(火)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.1」を実施いたしました。 今回は株式会社カオナビ 取締役副社長 COOである佐藤寛之 氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。