リーダーシップを「共有する」ことの重要性

最終更新日:2020/06/28

Writing by:永田翔

スタートアップ、起業、ベンチャーのような言葉がかなり多くみられる時代となりました。VUCAと呼ばれるこの目まぐるしく変化する現代において、「リーダーシップ」という言葉のさらにその奥を考えてみてもいいのではないでしょうか。

リーダーシップのシェアとは

変革型リーダーシップやカリスマ的リーダーシップといった理論的な研究がありますが、「共有型リーダーシップ」という概念をご存知でしょうか?
リーダーシップをシェアするということはどういうことなのか?事例を見てましょう。

株式会社Kaizen Platformの須藤さんも著書「ハック思考」で言っておられましたが、まず「歴史」を振り返ってみたいと思います。
時代を作ってきた名だたる企業では、本記事の主題である「共有型リーダーシップ」を見ることができます。

SONYの井深大と盛田昭夫、Panasonic(旧:松下電器産業)では、創業時の松下幸之助と井植歳男、そしてその後の松下幸之助と高橋荒太郎など日本を代表する総合電機メーカーには、パートナーとなるもう一人の経営者がそれぞれいました。さらに、HONDAには、本田宗一郎と藤沢武夫という二人の創業者の存在がありました。

そして、日本だけではなく、世界に目を向けてみれば、Googleのラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、Appleのスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、ヒューレット・パッカード社のウィリアム・ヒューレットとデビット・パッカード、Microsoft社のビル・ゲイツとポール・アレンも同様でした。

改めて整理すると、共通点としては「複数で事業を立ち上げ、リーダーシップを共有し企業経営を行っていた」ということです。

シェアド・リーダーシップについて

シェアド・リーダーシップの定義を確認してみましょう。
Carson, Tesluk, and Marrone (2007)は、シェアド・リーダーシップを「チーム・メンバー間でリーダーシップの影響力が配分されているチーム状態」と定義しています。

つまり、このシェアド・リーダーシップが高いチームは、リーダーを含むチームのメンバーそれぞれが、チーム目標達成に向けて必要なリーダーシップを双方的に発揮している状態と言えます。反対に低いチームとは、1人のリーダーが、一方向的に他のチーム・メンバーに対してリーダーシップを発揮している状態です。

ティール組織、ホラクラシー型組織といった組織論が提唱されてくる中での、いかにリーダーからのトップダウンによるマネジメントから脱却するかが大切となってきます。
権力や権威で先導するリーダーではなく、リーダーシップとフォロワーシップを理解し、先導していけるリーダーがこれからの時代に必要なのではないでしょうか。

私自身も、マネジメントをする中では社員・インターンのようなフィルターを撤廃しています。当たり前のことですが、メンバーからの提言は基本的に否定しません。むしろメンバーから主体的な意見が上がってくるチーム、共有型リーダーシップが機能している状態と言えるので、健全です。

メンバーのフォロワーシップを発揮できるように、マネジャーとして先導することでより自発的にメンバーが動いてくれるようになり、部署の生産性と共にパフォーマンスも上がりました。
メンバーからの意見は、まず肯定し、チームで議論を行い実行することでリーダーシップとフォロワーシップが相互に作用し大きな化学変化が起こります。

時代を築いてきた企業に複数のリーダーが存在し、事業を成長させていった事実を理解し、会社・組織内でのリーダーシップを「共有」してみてはどうでしょうか。

歴史から見るこれからのキャリアとリーダーシップ

SONYやPanasonic、Google、Appleといった時代を作ってきた企業にあった、複数リーダーによる起業という共通点。

COVID-19が全世界で拡大していた中で、キャリアについて考える人も増えたのではないでしょうか。

・どんなキャリアが自分に合っているのか?
・組織内でどのように行動すればいいのだろうか?

かく言う私も、大手企業に在籍していたり、ベンチャーでリーダーをしている経験から今後求められる人材は?求められるリーダーシップは?と考える機会が多いです。

大企業に就職する人が安定で、大企業はつぶれないという時代はもう終わりを迎えています。今後の日本でのキャリアとして、起業する人材も増えていくでしょう。その創業(起業)というフェーズで、単独での企業家行動ではなく、複数での企業家行動、つまりパートナーとなる人材と会社を創業し、事業を発展させていく時代が今後より一層深みを増して、到来すると私は考えています。

起業というキャリアだけではなく、新卒での就職や転職、副業といった様々な選択肢がある現代において、組織内でのリーダーシップやフォロワーシップについて考えるきっかけとなれば幸いです。

おすすめ記事

効果的な1on1定着を妨げるボトルネック

ここ数年で、人事界隈では「1on1」というキーワードが頻出するようになりました。当社においても、1on1導入に関するお問合せ数は増えており、企業規模や業界を問わず、導入ニーズは確実に高まってきています。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

さくらインターネットの人事ポリシーと私のマネジメント

「社員を信じる」マネジメントの役割は、メンバーの強みを引き出し、自己肯定感をあげ、幸せにすることなのではないでしょうか。そう考えれば、マネジメントは喜びに満ち溢れた仕事になります。

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

執筆者

永田翔

CANTERA5期生。
大手人材企業での求人広告の営業や、ITベンチャーでの組織デザイン部リーダーとして組織開発に従事。 副業ではスタートアップのコーポレート責任者としてバックオフィスを管掌。
現在はクックパッドにて採用担当として従事。

組織のグロースハックにおけるインターンシップ活用

こんにちは。CANTERA ACADEMY5期卒業、永田翔です。今回は、組織戦略におけるインターンシップ(以下、インターン)の活用について触れてみようと思います。インターン活用のメリットについては、ネットでたくさん情報があるので、実体験をもとに執筆しています。
このようなタイトルで寄稿している私ですが、大学生の時に長期インターンをしたことはありませんでした。しかし、100名規模のITベンチャーや少数のスタートアップでの副業をする中で「組織・事業のグロースにはインターン生の力は間違いなくエンジンになる」と確信しました。
昨今、wantedlyでも「〇〇な環境で挑戦したインターン募集!」といった募集をよく見かけるようになりました。
まだ活用できていない企業さまにとっては最初のハードルが高いかもしれませんが、何かの一助になれば幸いです。個人的な見解も含みますので、ご容赦ください。

リーダーシップを「共有する」ことの重要性

スタートアップ、起業、ベンチャーのような言葉がかなり多くみられる時代となりました。VUCAと呼ばれるこの目まぐるしく変化する現代において、「リーダーシップ」という言葉のさらにその奥を考えてみてもいいのではないでしょうか。