組織クラッシャーを面接で見抜く簡易手法

最終更新日:2020/07/06

Writing by:三浦梓

組織にいると大変な人たち、それは「組織クラッシャー」。彼らが一度組織に入ってしまうと、組織の人間関係を悪化させ、ひどい時には組織を解体してしまいます。

人の本質を見抜くのは難しい

例え彼らの所属する部署を変えても、また違う部署で同じことをしてしまう為、「面接でなぜ見抜けなかったんだ」と言われかねない。実際、私の周りにも悩んでいる経営者が多くいます。どうやったら見抜くことができるのだろうかと、先日も相談されました。そこで面接で果たして見抜くことができるのかについてお伝えします。

面接で組織クラッシャーを簡単に見抜く方法は3つ

1:前職の上司や同僚について質問をする
組織クラッシャーの特徴は、「平然と嘘をつくこと。そして、組織のリーダーや主要メンバーの悪口を言うこと」。彼らは嘘をつくことに抵抗がないです。なので「前職、もしくは現職の上司や同僚はどんな方ですか?」と聞いて、悪い点を話し始めたら要注意です。なぜなら、面接で前職の上司や同僚の悪い点を話す必要はないから。しかし、ブラック企業に在籍した経験や、パワハラにあっている人も悪い点を話してしまうのではないかと思っている方もいますよね。

ブラック企業に在籍した経験や、パワハラにあっている人と、組織クラッシャーの違いとしては、話をしている時の表情です。意気揚々と悪口を言っている場合、組織クラッシャーの可能性があります。なぜなら彼らは組織内がゴタゴタすることに喜びを感じています。ブラック企業に在籍した経験やパワハラにあっており、本当に辛い思いをしている人は、目はうつむき、あまり話をしたくない語り口になります。その時の表情、声のトーンで見分けられるので、試してみてください。

2:社長や部長などの前と、面接部屋に案内した人事との態度の違いを見る
組織クラッシャーが組織から排除されないのは、重要な人物を押さえていること。重要人物にだけ、とことん媚びて信頼を得ておくからです。面接部屋に案内をした時の、態度が悪いなど人物面が少し気になる人が、社長面接で人物面を評価されることはありませんか?

彼らは、どうやったら社長や重要人物の懐に入れるかを心得ています。なので、違和感があるから経営陣に判断をしてもらおうとしても意味がありません。むしろ経営陣に面接をしてもらった結果、「悪気はない。緊張していたのだろう。何か誤解でもあったんじゃないか」と助け舟をだし、内定をだす方向に。経営陣も組織クラッシャーを見抜きたいけれど、面接の場で満面の笑みで経営陣のことを褒められると、誰しも嬉しくなるため、相当冷静な経営陣でない限り厳しい現状です。

その場合に備えて、社長や部長など内定を出す権限を持っている人に、組織クラッシャーの特徴を話しておきましょう。そして面接部屋に案内した時に人事に対して示した態度を伝え、それでも内定を出すか会話できる関係性作りが大事です。

3:「自分自身のナルシスト度合いについて7点満点で答えてください」と質問をする
ナルシストとはマニトバ大学を中心とする研究チームによると「自己中心的でうぬぼれが強い人」という特徴があると発表しています。具体的には組織クラッシャーは、自分に従順な群れをつくり、自分が言う陰口は子分たちも同意していると巻き込みます。多くの同意を手にし、意見を言う時に「私だけじゃなくて、みんなが言っている」と押し切ることができ、組織をクラッシュしていくのです。彼らは用心深いのでいかにばれることなく質問できるかがポイントです。

まだあまり流通していないこの質問ですが、2010年のアメリカのオハイオ州立大学が、2002人に心理テストを行い作成されました。「全く当てはまらない」が1点、「完全に当てはまる」が7点と、7点満点で答えていただきます。

1点:ナルシスト度は低く、何より先に他人のことを考えられる優しい人物
2点:ナルシスト度は平均よりも少し下で、可能な限り自分のことよりも他人のことも考えられるいい人
3点:ナルシスト度が平均値で、自分と他人の希望のバランスを取るのが上手い人
4点:ナルシスト度は平均よりも高く、ナルシスト傾向がある人
5点:ナルシスト度は高く、他人よりも自分のことを優先する傾向が強い人
6点:ナルシスト度は非常に高く、他者とうまくコミュニケーションを取る方法を考えたほうがいい人
7点:完全なナルシスト。他人をないがしろにしていないか、一度よく考えるべき人

点数判定としては、4点以上がナルシストで危険人物という判定です。この点数が出たから即クラッシャーという訳ではありませんが、1、2の見抜く方法と合わせて、3のナルシスト判定テストで4点以上が出たら、採用するのは止めたほうが良いかもしれません。

おすすめ記事

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

リソースが限られた中小・ベンチャー企業こそ採用戦略に命をかけるべき!

こんにちは。CANTERA ACADEMY8期卒業の永田です。弊社白潟総研は正社員数でいうとインターン生含めて36名の中小・ベンチャー企業です。
1年半前に開始した採用活動の中で得た知見やノウハウをご紹介させて頂きたく、今回寄稿させて頂きました。

採用活動のインハウス化!求人広告作成に活かせる3つのポイント

こんにちは。CANTERA ACADEMY3期卒業、松岡良次です。
今回は約8年間の求人広告の営業、および採用コンサル業から求人広告作成時に意識している3つのポイントをご紹介します。

採用活動には『母集団形成』と『選抜』の工程があります。母集団形成を行うにはデータベースを保有する人材会社に依存していましたが、インターネット(スマホやSNS等)の普及により、現在では人材会社に依存せずともindeedをはじめ求人検索エンジンやSNSを利用すれば誰もが採用活動を開始することができるようになりました。

採用活動がインハウス化することにより、求人広告の制作に関して人材会社の担当者に依頼せねばならなかった時代から、各会社の採用担当者が作成できる必要な時代になりました。
今回は求人広告作成において大切な3つのポイントをご紹介します。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

執筆者

三浦梓

CANTERA ACADEMY3期卒業。

大学院卒業後、株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に就職。営業、商品企画、人事と計10年勤務。退職後、A.T Kearney株式会社に人事責任者として就職。その後独立し、フリーの人事コンサルタントとして活動。同時に株式会社TORCH COO就任。ベンチャー企業の経営陣採用や新卒、中途の採用設計から運用まで幅広く関わる。面接した人数は合計1万人以上にのぼる。

2020年1月末に夫の海外赴任に帯同しブラジルへ。現在は、世界中の駐在妻・元駐在妻・プレ駐在妻を応援し、共に成長するコミュニティ『駐妻キャリア net』の運営メンバー。転職ノウハウブログ『駐妻 本気の転職術』を執筆。

話し方研究所プロフェッショナルインストラクター。慶應義塾大学大学院SDM研究科研究員。

社長面接を1次面接で行なった方が良い理由とは

質問です。
社長に面接のお願いをするタイミングはいつでしょうか?
1.最終面接
2.1次面接

求める人物像の紹介を増やす為に必要な鉄則

「求める人物像をしっかりと伝えたのに、求める人物像の候補者ではない人を紹介される」このような経験をしたことはありませんか?では何故起きるのか。そこで、紹介会社から求める人物ではない候補者しか紹介されない理由と求める候補者を紹介される方法についてお伝えします。

候補者の本音を引き出す最後の質問

面接をしていると模範解答が続き、本音はどうなのだろうと思うことはありませんか?候補者の本音を引き出せるのはいつなのか。対策をしている候補者であればあるほど、共通で本音が出やすいタイミングと具体的な発言について、面接を1万人以上した経験で見えた方法をお伝えします。

組織クラッシャーを面接で見抜く簡易手法

組織にいると大変な人たち、それは「組織クラッシャー」。彼らが一度組織に入ってしまうと、組織の人間関係を悪化させ、ひどい時には組織を解体してしまいます。