なぜキャリア自律は必要か?

最終更新日:2020/07/06

Writing by:田村一博

「なぜキャリアを自らデザインしなくてはならないか?」この問いにあなたはすぐ答えることができるだろうか。キャリア自律の必要性が叫ばれるようになったのは何も最近の話ではない。しかし昨今、環境の大きな変化に伴い、キャリア自律せざるを得ない状況になりつつある。

向かう方向は正しいのか

ここで言う”環境の変化”とは何なのか。またそもそもキャリア自律をなぜ行わなければならないのか。これらを正確に把握しないでやみくもに行動することは、宝の地図を持たずに宝探しに行くようなものだ。
そのため以降では、「近年どのような環境変化が起こっているのか?」「キャリア自律をなぜ行わなくてはならないのか?」について述べ、最後に「会社として何をすべきか?」について記載したいと思う。

我々を取り巻く環境の変化

環境の変化は大きく二つあり、一つ目には、「終身雇用制度の限界」が挙げられる。2019年春、経団連の中西会長、トヨタ自動車の豊田会長といった経済界の重鎮が立て続けに終身雇用の制度疲弊について公の場で発言した。これは日本における終身雇用制度の限界を宣言したことと同義である。今までは終身雇用制度という安心安全な屋根の下、採用から引退までの間、会社主導によるキャリア形成が行われてきた。しかし、その安心安全な屋根がまさに今、なくなろうとしているのだ。

二つ目は、「人生100年時代」が挙げられる。様々なシーンで耳にすることの多いこの言葉、リンダ・グラットン教授が執筆した「LIFE SHIFT」から生まれたものであり、医療やテクノロジー等の発達に伴い、これから大多数の人が100歳以上の人生を経験するというものである。この著書の中では、単に生きる期間が延びるだけでなく、生きる内容(生き方)も大きく変わってくると言及している。今までは「教育」「仕事」「引退」の3ステージを皆が同じように歩んでいたが、今後は「エクスプローラ」「インディペンデント・プロデューサー」「ポートフォリオ・ワーカー」といったステージを個別に転々と生きる時代になると言っているのだ。つまり、決まったステージを歩む時代から、自分の創ったステージを歩む時代に変わったと言っているのだ。

これら環境の変化により、今までは他人に決めてもらったり、お決まりパターンで進んでいたものが、キャリア自律せざるを得ない状況へと、ジワリジワリと変容してきているのだ。

キャリア自律をなぜ行うか

キャリア自律の目的とは、一体何なのだろうか。環境の変化に適応することがそもそもの目的なのだろうか。これを考える前に、まず「キャリアとは何か」について記載したい。キャリアの定義は様々なところでなされており、その解釈は区々である。

例えば、厚生労働省では、「キャリアとは、一般に経歴/経験/発展、さらには、関連した職務の連鎖等と表現され、時間的持続性ないしは継続性を持った概念。キャリアを積んだ結果として、職業能力が蓄積されていく。」と定義づけられている。文部科学省では、「人が、生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係を見出していく連なりや積み重ね。」とされている。また日本のキャリア研究の第一人者でもある金井壽宏氏は「成人になってフルタイムで働き始めて以降、生活ないし人生(Life)全体を基盤にして繰り広げられる長期的な(通常は何十年にも及ぶ)仕事生活における具体的な職務・職種・職能での諸経験の連続と、(大きな)節目での選択が生み出していく回顧的意味づけ(とりわけ、一見すると連続性が低い経験と経験の間の意味づけや結合)と、将来構想・展望のパターン。」と定義している。

これらはあくまで一例に過ぎないが、見てわかるようにキャリアの定義は幅広い。しかし本質的な部分はとりわけ共通して「仕事に限らず人生全般であること」「過去・現在・未来全てを指すこと」などが挙げられている。

それでは改めて、キャリア自律の目的とは、一体何なのだろうか。私は、「人生を謳歌するため」だと考える。

先ほど記載したように、キャリアの本質が「仕事に限らず人生全般であること」「過去・現在・未来全てを指すこと」であるならば、それはすなわち生まれてから死ぬまでの人生そのものなのである。「私はなぜ生きているのか?」を突き詰めて考え、自分の価値観や理想を見つけ出し、少しでもそこに近づくための戦略を練る、それこそがキャリア自律の最たる目的なのだ。

会社として何をすべきか

それでは会社は社員のキャリア自律を支援するために何をすべきだろうか。私は大きく二つあると考える。

一つは、社員一人ひとりにとってのあるべき姿やありたい状態を見つけ出す支援を行うことだ。わが社行っている主な取り組みは、キャリアデザイン研修や社内キャリアコンサルティングなどが挙げられる。

もう一つは、その人にとってのあるべき姿やありたい状態を実現するための外部環境を創ることだ。わが社で行っている主な取り組みは、希望キャリアの見える化、Job Board/FA制度、1on1ミーティングなどが挙げられる。

これらについて、会社としてしっかりと準備できたならば、会社と個人が対等な関係で付き合い、共に高め合い、そして高いパフォーマンスを上げることができるだろう。

おすすめ記事

営業から人事へのキャリアチェンジ体験談

こんにちは。CANTERA ACADEMY3期卒業、杉田みずきです。人事の方の中でも、営業から人事へキャリアチェンジされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そしてその中でも、自身が想像していたキャリアに人事が”あった方”、”なかった方”と状況はそれぞれだと思います。私自身も2019年4月より、営業から人事へキャリアチェンジをしました。当時私の想像していたキャリアに、人事は全くありませんでした。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

採用ブランディングは「誰に嫌われるか」

私はあくまでもいち企業の人事であり、ブランディングのプロではないが、必ずしもより多くの人から応募を集めることが採用ブランディングだとは思わない。むしろ、『誰から嫌われるか』こそが採用ブランディングにおいて重要なことだと思う。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

執筆者

田村一博

CANTERA4期卒業生。
新卒で大手通信会社へ入社。法人営業・プロダクト営業を経て、グループ会社で総務全般に従事。
現在は、人事・育成業務を担当。

なぜキャリア自律は必要か?

「なぜキャリアを自らデザインしなくてはならないか?」この問いにあなたはすぐ答えることができるだろうか。キャリア自律の必要性が叫ばれるようになったのは何も最近の話ではない。しかし昨今、環境の大きな変化に伴い、キャリア自律せざるを得ない状況になりつつある。