山登り型キャリアの呪縛

最終更新日:2020/07/14

Writing by:越前谷 匡史

キャリアアドバイザーとして、日々、求職者の方々と面談をしています。年齢としては20代から30歳前半の方が多いのですが、相談内容として「キャリアの目標がないというか、このままの状態でよいのだろうか?」というものが多いです。

キャリアの目標がない自分はダメ?

明確な目標を掲げられていない自分はダメなんじゃないか?そんな不安感でしょうか。目標を掲げてキャリアを歩んでいく、これができているなら素晴らしいわけですが、できていない自分はダメと本人が思ってしまうほどに、このいわゆる「山登り型キャリア」の呪縛が強いことを感じます。

山登り型キャリアはキャリアを山登りに例えて、山頂という明確な目標に向かって歩んでいくというもの。

キャリアの相談に来ているという属性から考えて、明確に目標を掲げてキャリアを歩めていない自分を責めてしまう相談が多くなる傾向があるかもしれません。しかし、感覚ではありますが、一般的にも「山登り型キャリア」を前提としている方が多いのではないでしょうか。

採用時の新卒や中途の面接でも、「5〜10年後のキャリアプランを教えて下さい」という質問を投げかける面接官はいらっしゃると思います。この質問が悪いというわけではなく、そのぐらい、「山登り型キャリア」を前提としていることを、今お読みいただいている人事のみなさんと理解を合わせておきたいと思った次第です。

今回タイトルにしている「山登り型キャリアの呪縛」はやや大袈裟な表現かもしれませんが、山登り型キャリアが若手のビジネスパーソンを悩ませている例が多いことを実感値として人事ののみなさんにお伝えしたく筆を執りました。特に高校や大学で運動系や文化系どちらの場合でも地区大会や全国大会を目指すような競技をやっていた人は、目標がないことに焦りを感じる傾向があるように見えます。

キャリアの考えの幅を広げてほしい

最近VUCA(Volatility=不安定、Uncertainty=不確実、Complexity=複雑、Ambiguity=曖昧)という表現を見聞きします。先の見えない時代でもあり、かつ、いわゆる戦後の日本企業の特徴であった終身雇用制度が変化しているからこそ、キャリアにおける目標設定が難しくなっていると思います。

一方で、クランボルツの「計画された偶発性=プランド・ハプンスタンス・セオリー」という理論。転職活動の相談に来る方において、知らない方がほとんどです。つまり、キャリアの考え方として、山登り型だけではなく、計画された偶発性についても知っているだけで、キャリアの考え方の幅が広がると思います。結果として、山登り型キャリアの呪縛から逃れられる、もしくは、目標が見つかっていない自分を責めないようになるように思います。

ご存知の方も多い、このクランボルツの調査・研究結果ですが、結論を言うと、キャリア形成のきっかけは80%が「偶然」である、というもの。この研究結果は、VUCAの時代だからこそ、よりフィット感を覚えるわけですが、一方で、クランボルツの理論の中で非常に大事だと思うのが、良い偶然を呼び寄せる行動。これこそが若手ビジネスパーソンに知ってほしい内容だと思います。山口周さんが「仕事選びのアートとサイエンス」の中で簡潔にまとめているものを引用させていただくと下記のような行動です。

1.好奇心:自分の専門分野だけではなく、いろいろな分野に視野を広げ、関心を持つことでキャリアの機会が増える

2.粘り強さ:最初はうまくいかなくても粘り強く続けることで、偶然の出来事、出会いが起こり、新たな展開の可能性が増える

3.柔軟性:状況は常に変化する。一度決めたことでも状況に応じて柔軟に対応することでチャンスを掴むことができる

4.楽観性:意に染まない異動や逆境なども、自分が成長する機会になるかもしれないとポジティブに捉えることでキャリアを広げられる

5.リスクテーク:未知なことへのチャレンジには、失敗やうまくいかないことが起きるのは当たり前。積極的にリスクをとることでチャンスを得られる

キャリアにおける目標はすぐには見つからないかもしれません。そもそも、そんな簡単に見つからないものだと思います。そのような中でも、クランボルツが提示している良い偶然を呼び込むスタンスを参考に真摯に生きていく。そして、ご自身の目標が見つかれば最高(見つかった後に行動することが大事です!)。一方で見つからないかもしれない。しかし、それはそれで良いのではないかと。見つけようとする姿勢を持ち続けることが大事なのではないかと個人的には思います。

最新のイベントはこちらです、是非ご覧ください!

おすすめ記事

営業から人事へのキャリアチェンジ体験談

こんにちは。CANTERA ACADEMY3期卒業、杉田みずきです。人事の方の中でも、営業から人事へキャリアチェンジされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そしてその中でも、自身が想像していたキャリアに人事が”あった方”、”なかった方”と状況はそれぞれだと思います。私自身も2019年4月より、営業から人事へキャリアチェンジをしました。当時私の想像していたキャリアに、人事は全くありませんでした。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

採用ブランディングは「誰に嫌われるか」

私はあくまでもいち企業の人事であり、ブランディングのプロではないが、必ずしもより多くの人から応募を集めることが採用ブランディングだとは思わない。むしろ、『誰から嫌われるか』こそが採用ブランディングにおいて重要なことだと思う。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

執筆者

越前谷 匡史

CANTERA 4期生。
1995年に株式会社リクルートに入社し、新卒採用チームに配属される。新卒採用の経験は通算で5年。その後、人材紹介事業を10年以上経験。紹介事業では第二新卒を支援するグループの立ち上げから組織拡大を牽引。
2015年末に退社し、株式会社キャリアベースを設立し、新卒採用領域でビジネスを展開。
2018年5月会社売却後、9月にAll Personalに入社。FFS診断を活用した紹介事業やCANTERA事業を担当している。

いい縁はいい奴に集まる理論

前回、山登り型キャリアの呪縛の中で、「いい偶然」を呼び寄せる5つの行動について書きました。今回はもう一歩踏み込んで、いい偶然=いい縁を呼び寄せる”機会”を増やすにはどうしたらよいのかを皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

山登り型キャリアの呪縛

キャリアアドバイザーとして、日々、求職者の方々と面談をしています。年齢としては20代から30歳前半の方が多いのですが、相談内容として「キャリアの目標がないというか、このままの状態でよいのだろうか?」というものが多いです。

非常時の現場マネージャーの苦悩

会社の非常時や不景気の時に、会社の風土形成の肝である現場マネージャーはどのようなジレンマを抱えながらマネジメントしているのでしょうか。