コーチング的1on1のススメ〜無条件に社員を肯定〜

最終更新日:2020/07/23

Writing by:力衛通裕

こんにちは。CANTERA ACADEMY8期卒業、力衛通裕です。さて、「大丈夫です!」 社員との面談でのやりとりの中で、この一文で一瞬で終わってしまいそうな雰囲気に、あたふたすることもあるのではないでしょうか?(私だけ?)社員との面談をすすめる上で活用できるコーチングの手法「スケーリング」をお伝えします。

スケーリングとは?

”スケーリング”なんて、横文字でかっこよく聞こえますが、要は点数化です。今の状況や行動を「良い・悪い」「できる・できない」というように0か1かでは評価しづらいもの。できている部分もあれば、できていない部分もある中で、ともすると人はできていないことにフォーカスしがちです。そこで、このスケーリングを使うことで、自分の状況や行動を整理しながら、客観的に冷静に把握していきます。

まずは現状でできていることを知る

では、このスケーリングをどのように使うのかですが、例えば、「今の仕事に対する満足度は10点満点で何点ですか?」という聞き方で点数化していきます。

出てきた点数について、「どんなところに満足しているの?」「どんなことができているから満足しているの?」といった具合に、現状できているところを具体的に聞いていきます。

ここで大事なことは、「できていること」にフォーカスすること。たとえ10点満中1点であっても、その1点をつけたときに、「こんなことができているから満足している」と、その人の頭の中で思い描いたことがあるはずです。

そのイメージを具体的に聞き出し、語ってもらい、本人ができていることを感じてもらうことが次の質問をする上で大事になってきます。

10点満点の理想の状態を知る

自分の現状で満足していること、できていることを知り、気持ちが前向きになった状態で、次の質問です。

「じゃあ、10点満点ってどんな状態?」

ここで大事なことは、どんな答えが出てきても評価をしないこと。今、相手はその人の世界観の中で10点満点の状態を味わっています。その世界観をしっかり味わってもらいながら、本人の本当にやりたいことを見つめてもらい、モチベーションをあげていきます。あなたが感じる「できる・できない」「良い・悪い」の評価は横に置いて、目の前にいる人の10点の世界を一緒に味わうことが大切です。

「他には?」「具体的には?」という質問を使って、一緒にその人の10満点の世界を広げていきましょう。

小さな第一歩を決める

理想の状態を想像し本人のモチベーションが上がった状態で、次の質問。

「今より1点上がった状態はどんな状態?、そのために何ができる?」

いきなり10点満点の理想の状態を目指すと、実現するためにやることが多かったり内容が難しいと感じ「本当に実現できるのか。。。?」と、せっかく上がったモチベーションが一気に下がってしまいます。あるいは、10点満点の状態が想像できたものの、そのために何をしたらいいか、”今”はわからないということもあるでしょう。まずは、今の状態から少し頑張れば手が届きそうな状態、1点〜2点上がった状態を実現することを目標に、そのためにできること決めていきます。

ここで大切なことは、具体的な行動でかつ”すぐに”できる(可能であればその日中に)くらい小さな第一歩にすること。人は、大きな変化を感じると現状維持バイアスが働き、その変化を避け、現状を維持したくなるものです。その現状維持バイアスが働かないくらいの小さは変化・行動を起こし、理想の状態へ向かって1歩踏み出すことが大切です(例えば、運動を習慣化して理想の体型を取り戻すという目標に対しては、ランニングシューズを明日の朝、玄関に並べるといった具合)。

大切なのはコーチであるという姿勢

コーチングにはいろんな手法がありますが、一番大切なのはコーチングをするということではなく、自分はコーチであるという姿勢だと思います。その姿勢とは、「人は可能性に満ち溢れている」ということを信じ切る姿勢です。現代のカウンセリングやコーチングに大きな影響を与えたカール・ロジャーズはそれを、「無条件の肯定的配慮」と表現しました。

たとえ、10点満点中0点と、その人自身が自分の可能性を見失った状態であっても、無条件にその人のことを肯定的に捉えて尊重すること。

「マイナス1点から這い上がってきたのかもしれない」「0.2点だったらどうか」などいろんな視点からその人の可能性を探っていくことを、コーチとして諦めないということ。

私は以前「今の仕事が向いていないから辞めたい」と社員から相談を受けたことがあります。その時は、話を聞くだけで終わってしまいましたが、オフィスに戻りその人の履歴書引っ張り出してを読み返してみました。するとそこには、彼女のやりたいことやこれからの使命感で溢れていました。後日、彼女と2人でその履歴書を涙しながら眺め、これからどうしたいか、そのための1歩を決めたことを昨日のことのように覚えています。

CANTERA最新のイベントはこちらです、是非ご覧ください!

おすすめ記事

エンゲージメントって本当に大事なんですか?

こんにちは。CANTERA ACADEMY4期生の平山です。今回はエンゲージメントについて最近思うことを書きたいと思います。
マネジメントやHRに関わる方で「エンゲージメントは大事」ということに異論を唱える方は多くないと思います。
しかしながら、私自身は最近のこの風潮(というかブーム)に違和感を覚えることが多くなってきました。
人事という立場で長く仕事をしてきた中で私の心が荒んでしまったのか、それとも、本質的ではない何かがそこにあるのか、そんな視点で改めて「エンゲージメント」について考えてみました。

ニューノーマル時代には、エンゲージメントが企業の成長を左右する

こんにちは。CANTERA ACADEMY6期卒業、佃雄太郎です。コロナ禍により、世間ではニューノーマル=新しい常態の時代を迎えています。以前のように混みはじめた通勤電車や出社日数の増加など、徐々に元の姿に戻ってきつつありますが、テレワークをはじめとした新たな働き方が普及するのは間違いありません。物理的に離れたところで働く従業員のエンゲージメントをどう向上させるか? それが、今後の企業存続を左右すると言っても過言ではないでしょう。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

さくらインターネットの人事ポリシーと私のマネジメント

「社員を信じる」マネジメントの役割は、メンバーの強みを引き出し、自己肯定感をあげ、幸せにすることなのではないでしょうか。そう考えれば、マネジメントは喜びに満ち溢れた仕事になります。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

執筆者

力衛通裕

CANTERA8期(関西1期)卒業生。
人の想いをカタチにするをモットーに、現在はIT企業にてエンジニアキャリア採用に主に従事。関西・京都から人事を盛り上げるべく日々邁進中。

コーチング的1on1のススメ〜無条件に社員を肯定〜

こんにちは。CANTERA ACADEMY8期卒業、力衛通裕です。さて、「大丈夫です!」 社員との面談でのやりとりの中で、この一文で一瞬で終わってしまいそうな雰囲気に、あたふたすることもあるのではないでしょうか?(私だけ?)社員との面談をすすめる上で活用できるコーチングの手法「スケーリング」をお伝えします。