リファラル採用の活用による生産性の向上①

最終更新日:2020/09/16

Writing by:上川 宙士

新型コロナウィルスの影響で、昨今企業の採用「枠」はかなり小さくなりました。その一方採用を積極的に行っている企業もまた存在します。
さて本テーマであるリファラル採用を適切に実行できる企業は、需給バランスが急激に変動した現在においても良いご縁を得る可能性が高いと考えられます。
なぜならリファラル採用を適切に実行できる企業には「嘘」がなく、「企業の課題」もオープンにされているので、認識齟齬による労働者と企業のご縁が悪くなる可能性がとても低いからです。
企業側にとっても経営が苦しい中、採用に関して外部機関に頼ることで発生するコストは極力抑えたいのではないでしょうか。せっかくコストをかけて採用した社員がすぐに離脱してしまうという事故も防ぎたいのではないでしょうか。
労働者と企業側双方にとって導入メリットが高いと考えられるリファラル採用は、今後抑えておく採用トレンドだと考えます。ちなみにリファラル採用はGoogle社でも強く推奨されています。

リファラル採用とは

リファラルとは英語で「委託、推薦、紹介」という意味。リファラル採用とは「社内外の信頼できる人脈を介した、紹介・推薦による採用活動」のことを指します。日本はリファラル採用を受け入れる素地が元々あります。俗にいう「縁故」。

縁故採用は面接などのプロセスを省略しますが、リファラル採用では面接をして採用の可否を決定しますので一般の採用フローとほぼ同様です。

リファラル採用では広告媒体や紹介会社の代わりに、社員がその機能を担うことになります。企業は自社で構築した人材データベースや社員の知人、SNSから自社が求める人材を探し出し、本人へ直接連絡をして採用します。広告媒体、紹介会社経由の「受け」の採用手法に対して「攻め」の採用手法と言えます。

リファラル採用の動向

米国の大企業では80%超がリファラル採用を活用していると言われています。活用企業の中で75%超がほとんどのポストに活用している状態とのことです。求人サイトに関しましては20%超となっています。

日本では転職者の約25%が「縁故」となっています。採用経路トップは広告の30%なっています。日本は「縁故」入社は実は多いということがわかります。そして労働者は知人に声をかけられることにさして抵抗はないと考えられます。

代表的なメリット(定量面)

リファラル採用では採用コストの削減に加え、複数のメリットがあります。

1.コストメリット
一般的な採用フローとリファラル採用フローで大きなコストの差が生じます。マイナビ社が2018年に調査した企業の年間中途採用コストの平均データでは、

・人材紹介経由:466.6万円
・求人広告:294.2万円
と、企業にとっては高いコストを採用に費やしています。そして約4割の企業のコストが増加傾向にあるとしています。20名から100名程の社員数の企業では求人広告経由では1名約80万円、人材紹介会社経由では新卒で50〜100万円、中途80〜140万円かかっています。

リファラル採用は1名あたりの採用額が約3〜15万円の間で抑えられるため、コストパフォーマンスは圧倒的に高いと言えます。内訳は経費や従業員への謝礼という少額の投資となっています。

1名あたりの採用コストに大きな差が生じることがわかります。

2.入社後の社員の定着率が向上
リファラル採用の前提である「嘘をつかない」ことによる入社後の定着率向上に寄与します。リファラル採用は社員が知人に紹介した際に嘘があったら信頼関係を壊すので「採用時の嘘」をつきにくい仕組みとなります。
また知人は会社の課題も理解して入社するので、入社後に判明した事実に落ち込むことや後悔のリスクがとても少なくなります。
そして双方不義理をすると知人の顔に泥を塗ることになるという心理も働くので、定着率向上に寄与しやすいのです。

代表的なメリット(定性面)

1.社長と会社に合う人材を採用できる
入社後の生産性でその他の採用経由で来た社員より高いと思われます。デメリットは同一化の懸念が考えられます。

2.会社の魅力と課題を見える化できる
リファラル採用は「社員が自社を知人に紹介したいと自発的に思う」「知人に転職したいと思ってもらえる」という前提が外せません。
そのために社員が自社に「強い魅力」を感じている必要があります。そして社員が「自社の魅力を見えている状態」が必要となります。加えて「会社の課題の見える化」をすることも重要です。
特定個人の約20年弱の会社員経験という主体的な基準で恐縮ですが、課題を見える化することを良しとしない経営者やマネージャーはとても多く、課題の見える化はリファラル採用を導入する為に超えねばならない障壁となると思います。
しかし障壁が高いからこそ超えた時のインパクトもまた大きくなります。

3.会社の魅力の継続的向上ができる(経営変革の実現)
会社の魅力を向上させるには2つの段階があります。

1)会社の課題を見える化する時
ハラスメントするなど社長や上司に対する課題があると、社員は知人に声をかけられなくなります(もしくは極めてかけにくい)。上層部の耳が痛い点をオープンにし、恒久的に発生させない仕組み化が前提となります。上記の繰り返しとなりますが課題の解決はとても難しく、そもそも社員が上層部のことを本心から敬意を表していなければリファラル採用プロジェクトは本来そこで終了です。

2)会社の魅力アピール時
会社の魅力として提示している内容が知人に評価されない場合は、その魅力を改良しなければなりません。上層部発案の魅力が知人に刺さらなければ、それは撤回もしくは修正する必要があるので、ここでも上層部の度量が問題となります。

4.幹部と社員が経営者目線を持てる(究極の人材育成)
魅力を知人など外部に伝える過程で、自社の制度を改良せねばならない事態も発生します。

・企業理念、行動指針

・欲しい人材像(あるべき人材像)

・経営課題

・中期経営計画の理解

・賃金、能力制度開発

これらの要素の改良作業を上層部だけでなく、社員も参加することで、社員の経営に対する知識やノウハウが増します。そもそも会社の内容や実情を詳しく知らなければ本来知人に説明もできません。社員が自身は社長の代行となっている、と考えるならば改良プロセスに彼らの参加は必須でしょうし、結果経営感覚が必要となりますので社員育成にも貢献します。

5.皆の心が一つになる
リファラル採用が続けば、社員全体の社長や会社への好感度が上がることになります。ただし社員の同一化による、諫言が発生しない文化となったり、発言ができない文化に先祖返りするリスクはあるので、そうならないよう「発言の自由」が担保された組織文化を維持する努力も必要と考えます。

次回はリファラル採用のデメリットやリスクについて述べてまいります。

参考資料:知らない人を採ってはいけない 新しい世界基準「リファラル採用」の教科書
白潟敏朗 著
株式会社KADOKAWA

おすすめ記事

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

リソースが限られた中小・ベンチャー企業こそ採用戦略に命をかけるべき!

こんにちは。CANTERA ACADEMY8期卒業の永田です。弊社白潟総研は正社員数でいうとインターン生含めて36名の中小・ベンチャー企業です。
1年半前に開始した採用活動の中で得た知見やノウハウをご紹介させて頂きたく、今回寄稿させて頂きました。

組織クラッシャーを面接で見抜く簡易手法

組織にいると大変な人たち、それは「組織クラッシャー」。彼らが一度組織に入ってしまうと、組織の人間関係を悪化させ、ひどい時には組織を解体してしまいます。

採用活動のインハウス化!求人広告作成に活かせる3つのポイント

こんにちは。CANTERA ACADEMY3期卒業、松岡良次です。
今回は約8年間の求人広告の営業、および採用コンサル業から求人広告作成時に意識している3つのポイントをご紹介します。

採用活動には『母集団形成』と『選抜』の工程があります。母集団形成を行うにはデータベースを保有する人材会社に依存していましたが、インターネット(スマホやSNS等)の普及により、現在では人材会社に依存せずともindeedをはじめ求人検索エンジンやSNSを利用すれば誰もが採用活動を開始することができるようになりました。

採用活動がインハウス化することにより、求人広告の制作に関して人材会社の担当者に依頼せねばならなかった時代から、各会社の採用担当者が作成できる必要な時代になりました。
今回は求人広告作成において大切な3つのポイントをご紹介します。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

執筆者

上川 宙士

CANTERA6期生。
オートリース⇨人材紹介⇨イベント運営⇨人事周りへの商材を経験。
ある方に「人事の仕組みを知らずに働くのは、ルールを知らずにスポーツをするに等しい」という話を聞きCANTERAに参加。
CANTERANOTEの裏方として少しお手伝い。

【CANTERA talk】コーチングプロフェッショナル森真貴子氏とCANTERA ACADEMY卒業生が語るコーチングの本当の魅力とは(後半)

CANTERA ACADEMYメンバーが人事領域のプロと語るCANTERA talkの第三弾(後半)。
今回はコーチング界のプロフェッショナル森真貴子様と、CANTERA ACADEMY3期卒業の能登隆太さんのお二人にご自身の(苦い?)経験も含めてコーチングの本当の魅力について語っていただきました。

【CANTERA talk】コーチングプロフェッショナル森真貴子氏とCANTERA ACADEMY卒業生が語るコーチングの本当の魅力とは(前半)

CANTERA ACADEMYメンバーが人事領域のプロと語るCANTERA talkの第三弾(前半)。
今回はコーチング界のプロフェッショナル森真貴子様と、CANTERA ACADEMY3期卒業の能登隆太さんのお二人にご自身の(苦い?)経験も含めてコーチングの本当の魅力について語っていただきました。

リファラル採用の活用による生産性の向上②

前回の記事ではリファラル採用のメリットについて述べてまいりました。
今回は対となるデメリットやリスクについて述べてまいります。
何のために採用をするのかという、そもそも論を意識せずに、ツールの機能のみに意識を奪われないよう注意する必要がありますね。

リファラル採用の活用による生産性の向上①

新型コロナウィルスの影響で、昨今企業の採用「枠」はかなり小さくなりました。その一方採用を積極的に行っている企業もまた存在します。
さて本テーマであるリファラル採用を適切に実行できる企業は、需給バランスが急激に変動した現在においても良いご縁を得る可能性が高いと考えられます。
なぜならリファラル採用を適切に実行できる企業には「嘘」がなく、「企業の課題」もオープンにされているので、認識齟齬による労働者と企業のご縁が悪くなる可能性がとても低いからです。
企業側にとっても経営が苦しい中、採用に関して外部機関に頼ることで発生するコストは極力抑えたいのではないでしょうか。せっかくコストをかけて採用した社員がすぐに離脱してしまうという事故も防ぎたいのではないでしょうか。
労働者と企業側双方にとって導入メリットが高いと考えられるリファラル採用は、今後抑えておく採用トレンドだと考えます。ちなみにリファラル採用はGoogle社でも強く推奨されています。

社員の労働生産性向上に寄与する福利厚生制度の活用

働き方改革のスローガンやコロナショックにより注目が集まっています「労働生産性」。本記事は労働生産性向上に福利厚生制度が寄与するかどうかという点について述べてまいります。

リモートワークと労働生産性を考える③

前回の記事(リモートワークと労働生産性を考える②)では動機付け、ストレスへの対処、マネジメントについて生産性向上との関連を述べて参りました。本稿ではリモートワーク環境のもとで求められるスキル、あるべき評価、オフィスの要否、社員への手当について生産性向上との関連を述べて参ります。