この時代に、女性活躍推進について考えてみた

最終更新日:2020/11/02

Writing by:道浦亜美

こんにちは。CANTERA ACADEMY12期生の道浦亜美です。2020年7月、政府の掲げる目標「指導的地位に占める女性の割合を30%程度」に上げる達成年度について、「2020年度」から「20年代の可能な限り早期」に繰り延べするという方針が示されました。
2020年度時点での女性管理職割合は7.8%。「女性活躍推進」は以前から言われてきた課題ですが、なぜこんなに難しいのでしょう。

なぜ女性の活躍なのか?

ここまで現状の数値とは遠い目標を設定してまで、そもそもなぜ女性の活躍が着目されるのでしょうか。

労働人口の減少による労働力の確保や、VUCAの時代を生き抜くにあたり、創造性を高めイノベーションを創出するため、あらゆる人材が活躍できるようなダイバーシティ&インクルージョンを推進することが求められる時代となってきました。

そのような中での「属性的な」ダイバーシティとして、まず直面する「マイノリティ」の1つが女性です。今後は女性に限らず、外国人や障がい者の雇用など、多様な人材を活かしていくことも求められる中で、女性の活躍はまさにその入口なのです。

さらに、今後は定年延長などの影響により、親のみならず、配偶者などの介護を行うケースも出てきています。そうなると、育児中ではない方であっても、「多様な働き方」と向き合う可能性は高まることとなり、ひとごとではなくなるでしょう。

なにが妨げているのか?

主な阻害要因は主に以下の4つが考えられます。

1.仕事と家庭のバランスの難しさ

家事育児の負担が重く、パートナーとの負荷の差が大きい。パートナーの長時間労働の常態化や、理解不足から、協力してもらえない。

2.労働環境の不整備

会社の制度として、短時間勤務や在宅勤務などの自由な働き方ができない。産休・育休が取りにくい雰囲気。

3.無意識の偏見(アンコンシャスバイアス)

上司から女性に対し、育児中は負荷の高い業務は任せない方が本人の為だと思ってしまう。また女性本人も、男性が多い中では女性がリーダーとなって周りを引っ張ることは難しいと思ってしまうなど、周りの人のみならず、本人にも無意識の偏見(アンコンシャスバイアス)がある。

4.本人の不安意識

育児をしながら仕事も頑張りたいと思っている場合でも、周りにロールモデルがいない、あるいは周りにいる育児の中で頑張っている先輩は自分とは異なるスーパーウーマンだと感じ、いざ1つ上の責任ある役職に就く・昇進する、という話があった際に自信がなく不安に思い、遠慮してしまう。

変化をもたらすには?

阻害要因を改善するには、インフラとしての制度を整え、ロールモデルの紹介や会社・地域の育児サポートなどの情報共有を行い、不安を軽減することが重要です。

しかし、どれだけ制度を整えても、社員の意識を変えることはなかなかすぐにはできません。ある程度時間はかかるかもしれませんが、以下3点を浸透させていくことが大切となります。

1.キャリアを長期的な視点でとらえる

育児をしているうちに、業務の前線から外れてしまったと感じ、仕事に対するモチベーションが低下してしまうなど、直近の状況や育児との両立の不安から、自身の今後の可能性を早々に諦めてしまうのはもったいないことです。社会人生活は長いので、たとえ今は育児などに多少時間が取られたとしても、負荷が少し軽くなった時点からでも、また巻き返していけばよいのでしょう。

2.偏見の存在を認識し、「違い」を認める

男女に限らず、「自分と似ている人たち・似ていない人たち」とカテゴリー分けした時点で、無意識の偏見は起こります。日常の中にある、そのような偏見の存在を認識し、自分の価値観を押し付けるのではなく、「違う」ことを容認するとよいでしょう。

3.「共通の目的」を分かち合う

異なる考え方・価値観を持つメンバーの間で、「共通の目的」すなわち組織のミッションやビジョンを共有することで、それぞれ違うけれども、共通の目的を達成するために協力し合おうと思えるようになります。「共通の目的」を分かち合うことができる組織こそ、良いチームワークと高いパフォーマンスを実現することができるでしょう。

さいごに

そもそも、価値観はみんなさまざまです。違いを認め合いながら、お互いを尊重できるような関係性を築くことで、自身のキャリアを諦めることなく多様な働き方を実現しながら、いきいきと働くことが当たり前になっていけばいいなと思っています。

おすすめ記事

これから最低限必要な3つの組織マネジメント手法

リモートワークが過去最大の注目を浴びている昨今、人事としてもこれまでとは全く異なる施策を打ち始めている会社も少なくないでしょう。環境変化の激しい中では、変化についていくために新しい施策を早急に打つ必要があります。

自己主張型人材の活躍と組織文化形成

私は、業務でクリニックの事務長として採用・経営・人事の面で院長をサポートしています。そこで取り組んでいる自己主張型人材へのマネジメントについて、書かせていただきます。

ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)設計

先日、勤務先の企業理念が改訂されました。弊社の企業理念はミッションに置き換えられます。近江商人だった創業家より現代に至るまで引き継がれる「三方よし」の精神。たった四文字のこの言葉は一見すると何でもないただの単語ですが、その裏にある歴史的背景に思いを馳せた時、私たちがビジネスに取り組む時の羅針盤として機能しているように感じます。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

さくらインターネットの人事ポリシーと私のマネジメント

「社員を信じる」マネジメントの役割は、メンバーの強みを引き出し、自己肯定感をあげ、幸せにすることなのではないでしょうか。そう考えれば、マネジメントは喜びに満ち溢れた仕事になります。

執筆者

道浦亜美

CANTERA 12期卒業生。
大学卒業後、製造業に入社し、営業を経て人事に異動。人事評価や昇格制度、異動などを担当。女性活躍やシニア層活躍などのプロジェクトも推進中。
従業員の働きがいと事業の成長を実現できるよう、日々勉強中です。

CANTERA 12期卒業生。 大学卒業後、製造業に入社し、営業を経て人事に異動。人事評価や昇格制度、異動などを担当。女性活躍やシニア層活躍などのプロジェクトも推進中。 従業員の働きがいと事業の成長を実現できるよう、日々勉強中です。

この時代に、女性活躍推進について考えてみた

こんにちは。CANTERA ACADEMY12期生の道浦亜美です。2020年7月、政府の掲げる目標「指導的地位に占める女性の割合を30%程度」に上げる達成年度について、「2020年度」から「20年代の可能な限り早期」に繰り延べするという方針が示されました。
2020年度時点での女性管理職割合は7.8%。「女性活躍推進」は以前から言われてきた課題ですが、なぜこんなに難しいのでしょう。