【CANTERA 修了⽣×堀尾司】⼈事キャリアを重ねた平岡いづみさんが「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と思う理由

最終更新日:2020/11/19

Writing by:堀尾 司

CANTERA ACADEMY2期卒業⽣であり、現在は、CANTERA ACADEMY の講師も務める平岡いづみさん。

リクルートキャリアやベンチャー企業などでキャリアを積んできた⼈事パーソンであり、2児の⺟の顔も持つ平岡さんは「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と話します。そこには平岡さんならではの深い理由がありました。CANTERA 代表の堀尾司がその想いを聞きました。

リクルートでの経験が⾃信に。さまざまな企業でキャリアを重ねる

堀尾:平岡さんは、どういうキャリアを積んできたんですか?

平岡さん:メインキャリアはリクルートキャリアで事業企画や法人営業、キャリアアドバイザーを経験し、その後、スタートアップやベンチャー企業などで人材ビジネスの事業推進や人事を経て今ですね。

堀尾:⼈材ビジネスとは?

平岡さん:事業⽴て直しみたいなことに期間限定ではあるのですが関わったんです。⼀応約束の期限内に達成できたし、後任の採⽤もできたので私⾃⾝は期間内に卒業しました。

堀尾:苦戦していた事業なのに、すごいね!

平岡さん:リクルートでの経験が役⽴ちましたね。リクルートでは MVP とかいただいたこともあったんですが、基本を忠実に実⾏していれば達成できるという感覚を持てたのが⼤きいです。⼀⽅、リクルートという看板がなくても同じように成果を出せるだろうかという不安があったのですが、この結果を出せたことはいい⾃信につながりました。

堀尾:それで次の会社へ⾏ったんだね。

平岡さん:はい。10⼈程度の組織に⼊って、営業と⼈事を兼務したんです。ただ、だんだん事業モデルが厳しいなと思ってきたんですよ。どうしようかと思っていたときに、別のベンチャー企業に拾ってもらいました。

堀尾:ぐっと拡⼤していたからね。

平岡さん:そうですね。⼊社して⼈事採⽤全般をやっていました。在籍したのは1年半くらいかな。ただ、会社がどんどん変化する中で、メンバーの⼊れ替えがあったり、労務問題もあったりして、私はどうしようかなと考える場⾯も出てきたんです。

堀尾:⾃分⾃⾝が⾝を置き続けるかどうかというところだよね。

平岡さん:結構、頑張ったつもりではあるんです(笑)知恵を絞って、採⽤単価をどう抑えていい⼈材を採⽤しようかと考えたりしたし。労務問題も正⾯から取り組んだんですけれどね。ただ、⾃分が不協和⾳になってしまう可能性もあるなと思って、また環境を変えることにしました。

体系的な知識と⾃分の判断軸を⾝につけるため、CANTERA へ

堀尾:CANTERA に⼊ってくれたのって、ちょうどその頃なのかな。

平岡さん:そうです。採⽤業務しかやっていなかったので、⼈事全般を体系⽴って⾝につけたいなと思いました。社員に影響を与えるものだからこそ、しっかり判断軸を持たないといけないと。それで CANTERA を⾒つけて参加したんです。

堀尾:実際参加してみてどうだった?

平岡さん:わからないことが多かったんですが、⾃分が勉強不⾜なんだなと思いました。あれから結構本も読むようになったし、他の勉強会にも⾏くようになったんですよ。いいきっかけになりました。

堀尾:平岡さんが CANTERA NOTE に投稿してくれる記事ってかなり多⾯的な考察に富んでいるなと思っていたんだけど、いろんな経験をしてきたからこそなんだろうね。⽂章を書くのも得意でしょ?

平岡さん:いや、苦⼿です! 今でこそ本も読むようになりましたけど、もともとは読むのも苦⼿だったし、書くのもダメ……(笑)

堀尾:書籍からというより、体験型で学んできたんだろうね。

平岡さん:そうかもしれないですね。あとは、⾃分がすごく⽂章への苦⼿意識があるので、読んですぐわかる⽇本語にしようというのは⼼がけています。

⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい

堀尾:平岡さんは仕事も家庭も忙しいと思うけど、今はどうありたいと思っているの?

平岡さん:具体的なキャリアと⾔うよりも、楽しく⽣きている⼤⼈の姿を⼦どもに⾒せたいなと思っています。なので、好きなことをやりたいなと。

堀尾:何かそこに影響しているものがあるのかな?

平岡さん:実は私は、⽗を過労死で亡くしているんです。多忙と⼼労が重なって倒れてしまって……。当時私はすでに社会⼈で仕事が⼤好きだったのですが、死によって断ち切られるものがあるということを考えさせられたんですよね。それもあって、⾃分の強みや好きなことに打ち込んで、楽しく⽣きたいなと思っています。

堀尾:なるほどね……今はそれを全うできている?

平岡さん:そうですね。ある程度できているかな。もちろん苦⼿なこともあるけど、仕事もプライベートも、やりたいことはできています。

堀尾:ちなみに、平岡さんは憧れている⼈とかはいるんだろうか。

平岡さん:⼈事パーソンで⾔うと、島⽥由⾹さん(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス)とか森本千賀⼦さん(morich)には憧れますね。⼈を惹きつける⼒の強さというか。

堀尾:どういうところに惹きつけられたの?

平岡さん:前に島⽥さんのセミナーに参加させていただいたのですが、話をするだけで会場全体が熱くなっていくのがわかるんですよね。信念をもって、しっかり熱を込めて話されているのが伝わってきて、すごいなと思いました。

堀尾:平岡さんもそういうところがあると思うけど……

平岡さん:まだまだですよ! 会社の全社会議で話すときも、⼈事⾯談で話すときも、それなりに場は進んでいるとは思うけど、⼈の⼼に響いて残っているという感覚にはなれていないんですよね。

堀尾:なるほどね。今はどういったことを⽬指しているの?

平岡さん:⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたいというのが根本にあるんです。だから今の所属会社でしっかり道筋をつくりたいというのがまず⼀歩⽬ですね。もちろん、その道筋をつくったら終わりということではなく、ある程度⼿応えを得て、それから他の組織にも⽬を向けて、どんどんいい組織を増やせたらいいですね。

堀尾:どれくらい増やしたいの?

平岡さん:⼤きいことを⾔ったら⽇本が変わるくらいですね(笑)。⼀気に増やすのは難しいかもしれないけど、「あの会社ができたならうちの会社もできる」というのが広がれば少しずつよくなっていくと思っています。⾃分の⼦どもが⼤⼈になるときには、過労死という⾔葉が世の中から消えているといいですね。

堀尾:平岡さんがそう思っている背景にはいろんな理由がつながっているというのを感じるね。

CANTERA でもプライベートでも、助けてくれる⼈がいると思うと⼼強い

堀尾:平岡さんは CANTERA の催しもよく顔を出してくれるから、違う期の⼈にも名前を知られているよね。

平岡さん:それはうれしいです(笑)

堀尾:そして今回、講師を引き受けてくれることになったけれど、その理由を教えてくれる?

平岡さん:1つは⾃分⾃⾝が学び直したいから。2つめは、最新の若い⼈事の⽅々とつながりたいと思ったから。どちらかというと利⼰ですね(笑)

堀尾:結果的に相⼿の利⼰にもつながるとも⾔うからね。でも本当に、若い⼈たちの感性やトレンドの押さえ⽅は刺激になるよね。

平岡さん:まさに、すごく勉強になるんですよ。参加者から私が得ることもすごく多いので、お⾦払った⽅がいいんじゃないのと思っています(笑)

堀尾:いやいや(笑)。でも、こういう CANTERA のネットワークはお互いに役⽴つということかな。

平岡さん:もし 1 ⼈で頑張っている⼈事の⽅がいたら、1⼈じゃないよというのはお伝えしたいですね。私も⼈事を任されて、孤独にもがいていたときがあったので。こういうつながりが得られることで相談もできるし、同じような困りごとを発信している⼈もいるし。助けてくれる⼈が周りにいると思えるのは、すごく⼼強いです。

堀尾:いい話ですね。

平岡さん:⼦育てとかも、近所の⽅にものすごく助けてもらっています。助けてもらいすぎかもしれません(笑)

堀尾:それができるのも平岡さんの強みだよね。CANTERA をつくる側にもまわった今、どんな場にしていきたいですか?

平岡さん:参加者それぞれの応援団のような場になるといいなと思っています。インプットしたい⼈にとっては情報を得られる場だし、アウトプットしたい⼈にはその機会もあるし。CANTERA  に関わることで、少しでも前に進めたと感じる⼈が増えるようにしていきたいと思っています!

堀尾:ぜひ引き続きよろしくお願いします!

平岡さんが過去執筆された記事はこちら。是非ご覧ください!

・ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

・人材エージェントとリレーション構築の必要論

・オンボーディングのウェット必要論

・育休明け社員にいきいきと活躍してもらうのは、お互い様感

自社の組織をいいものにしたい!とお考えの方はこちらを是非ご覧ください

おすすめ記事

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

さくらインターネットの人事ポリシーと私のマネジメント

「社員を信じる」マネジメントの役割は、メンバーの強みを引き出し、自己肯定感をあげ、幸せにすることなのではないでしょうか。そう考えれば、マネジメントは喜びに満ち溢れた仕事になります。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

エンゲージメントって本当に大事なんですか?

こんにちは。CANTERA ACADEMY4期生の平山です。今回はエンゲージメントについて最近思うことを書きたいと思います。
マネジメントやHRに関わる方で「エンゲージメントは大事」ということに異論を唱える方は多くないと思います。
しかしながら、私自身は最近のこの風潮(というかブーム)に違和感を覚えることが多くなってきました。
人事という立場で長く仕事をしてきた中で私の心が荒んでしまったのか、それとも、本質的ではない何かがそこにあるのか、そんな視点で改めて「エンゲージメント」について考えてみました。

執筆者

堀尾 司

CANTERA責任者 兼 講師
(株)All Personal代表取締役CEO 1973年北海道生まれ。1994年(株)リクルート入社。2004年ソフトバンクBB(株)入社。ソフトバンク通信事業3社を兼任し、営業・技術統括の組織人事責任者に従事。2012年グリー(株)入社。国内の人事戦略、人事制度、福利厚生、人材開発の責任者を歴任。2014年より東京東信用金庫に入庫し地域活性化に従事。
2017年6月(株)AllDeal創業。2018年11月、(株)All Personalに社名変更。

【CANTERA 修了⽣×堀尾司】⼈事キャリアを重ねた平岡いづみさんが「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と思う理由

CANTERA ACADEMY2期卒業⽣であり、現在は、CANTERA ACADEMY の講師も務める平岡いづみさん。

リクルートキャリアやベンチャー企業などでキャリアを積んできた⼈事パーソンであり、2児の⺟の顔も持つ平岡さんは「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と話します。そこには平岡さんならではの深い理由がありました。CANTERA 代表の堀尾司がその想いを聞きました。

【CANTERA修了生×堀尾司】同期メンバーとの出会いでチャレンジすることの良さを学んだ

CANTERA1期卒業生で、現在、総合系コンサルティングファームの組織人事コンサルタントとして、新会社設立・人事制度導入・人事機能設計・労務マネジメント施策などの制度・労務領域を中心にプロジェクトを推進している上田明良さん。

社会人になってからずっと人事領域でキャリアを重ねてきた上田さんにとって、CANTERAの同期メンバーとの出会いはこれまでの考え方が変えるほど刺激的だったそうです。

カンテラノートの記事でアクセス数が多かった上田さんに、いつもの記事とは違った観点で現在や今後のキャリアについて、CANTERA代表の堀尾司がお話をうかがいました。

【CANTERA 修了⽣×堀尾司】 異動してわずか 1 年。杉⽥みずきさんが⼈事として活躍できる理由

今回、CANTERA 代表の堀尾司が対談したのは、CANTERA ACADEMY3期卒業⽣の杉⽥みずきさん。現在は所属するグループを横断した⼈事を⾏っています。

⼤学卒業後、ウエディング業界でプランナーを経験したのち、転職した会社で営業から⼈財部へ異動し、⼈事業務を担うようになったという杉⽥さん。現在のお仕事や、CANTERA での出会い、これからの⽬標についてうかがいました。

株式会社人材研究所 代表取締役社長の曽和利光氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第4回目】(後半)

2020年5月22日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.4」を実施いたしました。 今回は株式会社人材研究所 代表取締役社長である曽和利光氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社人材研究所 代表取締役社長の曽和利光氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第4回目】(前半)

2020年5月22日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.4」を実施いたしました。 今回は株式会社人材研究所 代表取締役社長である曽和利光氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社マクアケ 代表取締役社長の中山亮太郎氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第2回目】(前半)

2020年5月15日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.2」を実施いたしました。 今回は株式会社マクアケ 代表取締役社長である中山亮太郎 氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。