【CANTERA 修了⽣×堀尾司】 異動してわずか 1 年。杉⽥みずきさんが⼈事として活躍できる理由

最終更新日:2020/11/19

Writing by:堀尾 司

今回、CANTERA 代表の堀尾司が対談したのは、CANTERA ACADEMY3期卒業⽣の杉⽥みずきさん。現在は所属するグループを横断した⼈事を⾏っています。

⼤学卒業後、ウエディング業界でプランナーを経験したのち、転職した会社で営業から⼈財部へ異動し、⼈事業務を担うようになったという杉⽥さん。現在のお仕事や、CANTERA での出会い、これからの⽬標についてうかがいました。

コロナ禍で採⽤業務が中断。グループを横断した仕事に関わることに

堀尾:杉⽥さんは、今はどういう業務を中⼼に仕事しているの?

杉⽥さん:もともと採⽤業務が多かったんですけど、コロナ禍でそこは中断してしまって。 今はグループ会社の連携関係の仕事をしています。そうすると調整ごとが多いんですよね。 内定式をやるにしてもグループ内調整が必要だし、どのツール使うかというだけでも確認が必要だし……。

堀尾:そっか。グループ連携関係の仕事は、どういう⽴ち位置で関わっているの?

杉⽥さん:私のメイン担当はグループ会社内の1社の⼈事なのですが、グループ全体がコロナの影響を受けており、組織の再編成や給与・賞与関連、教育研修など、付随する⼈事関連の業務もやっています。

堀尾:そうなってくると、⼈事に期待される役割がたくさんあるね。

杉⽥さん:いろいろありすぎて、正直まとまっていないんです(笑)休業したりリモートワークが増えたりするなかで、制度も環境づくりも社員のメンタルケアも必要。
⼀⽅で、はじめてホールディングとして新⼊社員を受け⼊れる。ありとあらゆることを整えている状況なんですよね。 

堀尾:すごく追われている感じ?

杉⽥さん:そこまで追われている感じではないんですが、21卒の内定者の⼈たちは私が採⽤したようなものなので、⼊社する環境をちゃんと整えないといけないという責任は感じています。

堀尾:いろいろ同時並⾏で進んでいると思うけど、杉⽥さん⾃⾝が⼤事にしているものってあるだろうか。

 杉⽥さん:グループに複数社あると、個別最適みたいなことにもなりがちなんです。ただ、グループ内で相乗効果を出せるところを⼀緒にして、世の中によりよい価値を提供できたらいいなとは思いますね。そのためにやれることをやっていきたいです。 

堀尾:まさにすごく必要なこと!

杉⽥さん:ですかね(笑)

この 1 年で視野や視座が⼤きく変化した理由

堀尾:1年前に出会ったときよりも、杉⽥さんは随分視野の広い話をしているなという印象があるね。

杉⽥さん:ほんとですか! でも、1年前に⼈事に来て、そこから周りの⾒え⽅が変わったかもしれません。グループ横断で考えなければならないことも増えたし、会社全体のことを必然的に考える必要が出てきたので、⾒ている景⾊が変わったかなと思います。 

堀尾:1年振り返って、⾃分が変化したという感覚はある?

杉⽥さん:やっぱり視野の広がり、視座の⾼まりはあるなと思います。俯瞰的に⾒られるようになったことで、今まで正しいと思っていたことが違ったとか、よりよい⽅法があると知ったとかはありました。
あとは経営陣と近いところで仕事しているので、どういう想いで意思決定がなされているかを⾝近に⾒ることができるのも⼤きいですね。納得感を持って仕事に取り組めているとは感じています。

 堀尾:とはいえ、同じ環境にいても杉⽥さんのように変化が起きない場合もあると思う。特に影響したことってあったのだろうか。

杉⽥さん:1年を振り返ると結構⾟かったんですよ。でも、突き進まないといけない状況から逃げなかったことが⼤きかったかも。上司にもすごく相談したし、CANTERA の皆さんにも何気ないことを結構相談させてもらって、⾃分なりにデトックスできたんだと思います。 

堀尾:相談できたのもすごいことだと思うよ。

杉⽥さん:これまでも何か壁にあたったときに、⼈に話を聞いてもらうことで乗り越えてきた経験があったんですよね。

CANTERA での出会いが⼤きな刺激に

堀尾:⼈に話したり、相談したりするのはどういう効果があると思う?

杉⽥さん:⾃分で思っていたこととは違う意⾒を聞けたり、私⼀⼈だけの悩みだと思っていたことが他の⼈にもあると気づけたりするのは⼤きいですね。同志のような感覚を持てたのもよかったです。

 堀尾:なるほどね。とはいえ、他の⼈の話だけではカバーできないのが踏ん張りの部分だと思うんだけど。そこは何が突き動かしたのだろう?

 杉⽥さん:ひとつは上司の影響だと思います。うちの会社は中途採⽤者が⼈事へ異動したことがなくて、私がはじめてだったんです。それを抜擢してくれた期待は感じました。とはいえ、異動を聞かされたときは「嫌です!」って泣いたくらいなのですが(笑)。社⻑が気にかけてくれて、1時間以上かけて異動理由を話してくれたんです。そうやって任されたからには……というのはありましたね。 

堀尾:そういう経緯が⽀えになったんだね。

杉⽥さん:そうですね。あともうひとつ、ここ1年くらい「⾃分ってどうなりたいんだろう」 と考えるようになったのも⼤きいと思います。特に、CANTERA で専⾨性を持って活躍している⼈とかいろんなキャリアを歩んでいる⼈との出会いが、結構衝撃的だった。今の会社でなくても活躍できる⼈材になりたいと思うようになりました。

 堀尾:そうだったんだね。

 杉⽥さん:私は伸びしろ込みで⼈事を任されたのですが、もしも他社だったら「これくらいできて当たり前でしょ」と思われるだろうなと思っているんです。期待に応えられる⼈材、少ない引き継ぎでも軌道に乗せられるような⼈材になりたいと進んできたのも、踏ん張った理由だと思います。

⼈事としてもっと幅を広げていきたい

堀尾:1年前を振り返って、今の⾃分とは何が違うと思う?

杉⽥さん:⾃分がどうなりたいかなんて、⾒えていなかったですよね。そこから、どういう社会⼈になりたいっていう⽬標が持てるようになった。今さらですけど(笑)
異動していなかったら、ますます道が⾒えずに転職まで考えていたかもしれないですね。

 堀尾:さらにコロナ禍もあったから、相当濃い1年だったんじゃないかな。 

杉⽥さん:今回のコロナ禍ですごく感じたのは、何かの影響でストップするような仕事しかできないのは嫌だということですね。採⽤業務しかできなかったら、今年は採⽤しませんとなった途端に仕事がなくなるんですよ。そういう⼈材にとどまりたくないと思いました。

堀尾:どういう環境であれ仕事ができる⼈になれるか、だね。

杉⽥さん:これからは労務とかメンタルヘルスケアとか、⼈事としてもっと幅を広げていき たいと思っています。会社もグループ化して⼤きく変わるタイミングなので、全体感はなかなかまだつかめないですけどね。

堀尾:グループ連携の業務は、経験しながらしか⾒えてこないものもあるだろうしね。

杉⽥さん:⼈事はきれいごとでは済まない部分があると思いますが、そこも対応できる⼒量は⾝につけたい。正直、嫌われることはすごく苦⼿なんですが、そこも逃げずにいきたいですね。 

堀尾:受け⽌める⼒は⾼いと感じるけどね。社員の可能性とか会社の可能性に全⼒で取り組 みたい⼈だろうなと改めて思いました。
最後に、読者に向けて⼀⾔メッセージをお願いします! 

杉⽥さん:キャリアチェンジして不安に思っている⼈がいるとしたら、とにかく仲間をつくることが⼤事。仲間をつくるにはちょっとだけ勇気がいるけど、⼀歩踏み出せばそのあと加速して⾛れると思います。その⼀歩だけ頑張って踏み出せば、⾒える世界が変わります!

堀尾:杉⽥さん、ありがとうございました!

人事としての幅を広げたい!とお考えの方はこちらを是非ご覧ください

おすすめ記事

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

さくらインターネットの人事ポリシーと私のマネジメント

「社員を信じる」マネジメントの役割は、メンバーの強みを引き出し、自己肯定感をあげ、幸せにすることなのではないでしょうか。そう考えれば、マネジメントは喜びに満ち溢れた仕事になります。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

エンゲージメントって本当に大事なんですか?

こんにちは。CANTERA ACADEMY4期生の平山です。今回はエンゲージメントについて最近思うことを書きたいと思います。
マネジメントやHRに関わる方で「エンゲージメントは大事」ということに異論を唱える方は多くないと思います。
しかしながら、私自身は最近のこの風潮(というかブーム)に違和感を覚えることが多くなってきました。
人事という立場で長く仕事をしてきた中で私の心が荒んでしまったのか、それとも、本質的ではない何かがそこにあるのか、そんな視点で改めて「エンゲージメント」について考えてみました。

執筆者

堀尾 司

CANTERA責任者 兼 講師
(株)All Personal代表取締役CEO 1973年北海道生まれ。1994年(株)リクルート入社。2004年ソフトバンクBB(株)入社。ソフトバンク通信事業3社を兼任し、営業・技術統括の組織人事責任者に従事。2012年グリー(株)入社。国内の人事戦略、人事制度、福利厚生、人材開発の責任者を歴任。2014年より東京東信用金庫に入庫し地域活性化に従事。
2017年6月(株)AllDeal創業。2018年11月、(株)All Personalに社名変更。

【CANTERA 修了⽣×堀尾司】⼈事キャリアを重ねた平岡いづみさんが「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と思う理由

CANTERA ACADEMY2期卒業⽣であり、現在は、CANTERA ACADEMY の講師も務める平岡いづみさん。

リクルートキャリアやベンチャー企業などでキャリアを積んできた⼈事パーソンであり、2児の⺟の顔も持つ平岡さんは「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と話します。そこには平岡さんならではの深い理由がありました。CANTERA 代表の堀尾司がその想いを聞きました。

【CANTERA修了生×堀尾司】同期メンバーとの出会いでチャレンジすることの良さを学んだ

CANTERA1期卒業生で、現在、総合系コンサルティングファームの組織人事コンサルタントとして、新会社設立・人事制度導入・人事機能設計・労務マネジメント施策などの制度・労務領域を中心にプロジェクトを推進している上田明良さん。

社会人になってからずっと人事領域でキャリアを重ねてきた上田さんにとって、CANTERAの同期メンバーとの出会いはこれまでの考え方が変えるほど刺激的だったそうです。

カンテラノートの記事でアクセス数が多かった上田さんに、いつもの記事とは違った観点で現在や今後のキャリアについて、CANTERA代表の堀尾司がお話をうかがいました。

【CANTERA 修了⽣×堀尾司】 異動してわずか 1 年。杉⽥みずきさんが⼈事として活躍できる理由

今回、CANTERA 代表の堀尾司が対談したのは、CANTERA ACADEMY3期卒業⽣の杉⽥みずきさん。現在は所属するグループを横断した⼈事を⾏っています。

⼤学卒業後、ウエディング業界でプランナーを経験したのち、転職した会社で営業から⼈財部へ異動し、⼈事業務を担うようになったという杉⽥さん。現在のお仕事や、CANTERA での出会い、これからの⽬標についてうかがいました。

株式会社人材研究所 代表取締役社長の曽和利光氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第4回目】(後半)

2020年5月22日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.4」を実施いたしました。 今回は株式会社人材研究所 代表取締役社長である曽和利光氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社人材研究所 代表取締役社長の曽和利光氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第4回目】(前半)

2020年5月22日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.4」を実施いたしました。 今回は株式会社人材研究所 代表取締役社長である曽和利光氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。

株式会社マクアケ 代表取締役社長の中山亮太郎氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第2回目】(前半)

2020年5月15日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.2」を実施いたしました。 今回は株式会社マクアケ 代表取締役社長である中山亮太郎 氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。