最高のラブレター(求人原稿)の作り方

最終更新日:2021/01/02

Writing by:神宅謙一郎

『求人広告はラブレターである』

採用活動において求職者を口説くのは、意中の人を口説くのと同じ。この世のあらゆる採用コンサルタントが語り、もはや使い古されたのがこのセリフです。

でも、いま求人の主力であるGoogle・Indeedやお店の前の張り紙・採用看板には「学生もフリーターも主婦もシニアも、みーんな大・大歓迎♥」や「委細面談、待遇前職考慮」とかおよそラブレターとは思えない文面があふれています。

2020年、コロナ禍で採用環境が激変しました。求人原稿の掲載件数は数か月で半減、応募ゼロが当たり前だった会社やお店へ応募者が殺到するようになりました。 2021年も採用環境はおそらくこのまま。採用したい企業にとってのチャンスは続くといえます。このタイミングだからこそ、求人原稿を見直したら最高の採用ができます!

今回は求人原稿の書き方を『ラブレター』に例えながら、だいぶ砕けたトーンで解説したいと思います。

ラブレターのような求人広告を書く3つのSTEPとは?〜

STEP.1 ラブレターを書く相手をイメージする

まず大切なことは「誰にラブレターを書くか?」です。

求人広告を見ると多くの広告は「誰宛てのラブレター」かがわからない、または「誰でもいい」といった状態です。

「学生もフリーターも主婦もシニアも、みーんな大・大歓迎♥」なんて広告は、渋谷の交差点のど真ん中で「だれでもいいから俺と付き合ってくれ~~」と絶叫しているようなものです。

そんな告白では誰も本気で見向きしてくれませんし、付き合ってくれたとしても本気で愛してくれません。

まずは大切なことは『意中の人』がどんな人かのイメージを固めることです。

◼︎意中の人をイメージする方法

「この人がいてくれて助かる」と思う『職場で頼りになる人』を3人あげてみます。

もしそんな人がいなければ理想の人を有名人に例えてあげてみます。

MCの中居くんやドラマの北川景子さんみたいに仕切れる人、綾瀬はるかさんや出川さんみたいなムードメーカーなど、イメージが頭に浮かぶ状態にします。

そうすれば、どんなラブレターを書けば彼らにつたわるかな?と思えますよね。思いを伝えたい人を具体的にすることが、この後非常に大切になってきます。

STEP.2 相手に自分のアピールポイントをしっかり伝える

ゴールドビットコインロット

ラブレターは、もらった相手が「キュン♥」とするから、見知らぬあなたに対して恋が芽生えることもあるわけですよね。

そのためには「このラブレターを出したのは誰か?」をガッツリ主張する必要があります。

ただ多くの求人広告にはその記載も少なく、「あなた誰?」というキュンともしない状態です。これではあまりにももったいない。ちょっとおこがましいくらい、自分のことをアピっとかないと伝わる思いも伝わらなくなります。

「とはいえ、アピールできるところが見当たらない」という方もいたり、過度の自慢をアピールと勘違いして「俺、社長のボンボンで、金持ってるし車もBMやで」という、札束で往復ビンタしようとする『コンパで滑る男子』な求人広告になっては元も子もありません。

いいアピールをするにはしっかり自分の魅力を知っておくことが必要です。

◼︎自分の魅力を正しく理解する方法

ここは従業員の方、特に活躍している人に「なぜここで働いているか?」を聞いてみましょう。求人広告は会社の自慢大会を競う場ではなく、その仕事や職場にぴったりの人に応募してもらうためのものです。

なので、従業員の人が「ここがいい」と感じるところが御社の魅力です。これをしっかりアピールポイントとして伝えましょう。

STEP.3 ちゃんと口説く

意中の人を見つけて、自分のアピールポイントを見つけて、しっかり伝えたら藤井フミヤのウインク並みに100%恋の花が咲くか、というとそんなことはありません。振られることも多々あります。

「求人広告は水もの、振られるのも時の運」とあきらめる方もいらっしゃいますが、ちょっと待った!

そのラブレターに不備はなかったんでしょうか? しっかりタカさんチェック!をしないとだめです。

現代の求人広告はほとんどがネット化されていて、求職者への情報提供はGoogle・indeedなど検索ツールのAIやデータアルゴリズムが行っています。

特にGoogleのBERTアップデート(「BERT(バート)」と呼ばれる人工知能ベースの自然言語処理技術を採用したGoogle検索システムのアップデートのこと)以降、検索結果は『利用者の意図』を汲んだコンテンツがマッチング対象になっています。

つまり、ちゃんと文章や画像が伝わる形で求人広告に収まっていないと、検索エンジンが求職者へ情報を伝えてくれなくなっています。

求職者へ採用情報を訴求するにはラブレター(求人原稿)をどう作るか、ここが大きなカギを握っているのです。

◼︎意中の人をちゃんと口説く方法

ラブレターの書き方には基本的な国語力が要求されます。

・誤字脱字をなくす

・読み手がわからない省略語を使わない

・句読点をちゃんと打つ

・文章を長く書きすぎない

など、『意中の求職者』が読んでよんでわかる文章を丁寧に書くこと、これが最重要です。

また、画像(写真)や動画で伝えるという方法も有効です。ただし車の後部座席いっぱいにバラの花を敷き詰めるような過剰な演出は『ドン引き』されます。下手でもいいから「リアル」な想いが伝わる、そんな内容にとどめておきましょう。

最後に

働くということは人と職場の出会いです。
うまくいくかどうかは、お互いの相性がマッチするかどうかにすべてがかかっています。

まさに『心のこもったラブレター』のような求人広告で意中の相手に想いを伝えられれば、最高の採用が実現できるのではないでしょうか?

採用について基礎から応用まで学びたいとお考えの方はこちら!

おすすめ記事

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

リソースが限られた中小・ベンチャー企業こそ採用戦略に命をかけるべき!

こんにちは。CANTERA ACADEMY8期卒業の永田です。弊社白潟総研は正社員数でいうとインターン生含めて36名の中小・ベンチャー企業です。
1年半前に開始した採用活動の中で得た知見やノウハウをご紹介させて頂きたく、今回寄稿させて頂きました。

組織クラッシャーを面接で見抜く簡易手法

組織にいると大変な人たち、それは「組織クラッシャー」。彼らが一度組織に入ってしまうと、組織の人間関係を悪化させ、ひどい時には組織を解体してしまいます。

採用活動のインハウス化!求人広告作成に活かせる3つのポイント

こんにちは。CANTERA ACADEMY3期卒業、松岡良次です。
今回は約8年間の求人広告の営業、および採用コンサル業から求人広告作成時に意識している3つのポイントをご紹介します。

採用活動には『母集団形成』と『選抜』の工程があります。母集団形成を行うにはデータベースを保有する人材会社に依存していましたが、インターネット(スマホやSNS等)の普及により、現在では人材会社に依存せずともindeedをはじめ求人検索エンジンやSNSを利用すれば誰もが採用活動を開始することができるようになりました。

採用活動がインハウス化することにより、求人広告の制作に関して人材会社の担当者に依頼せねばならなかった時代から、各会社の採用担当者が作成できる必要な時代になりました。
今回は求人広告作成において大切な3つのポイントをご紹介します。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

執筆者

神宅謙一郎

CANTERA ACADEMY5期卒業。

WaGaGoTo代表 #求人ツッコミニスト

20年4月に雇われる生き方から卒業したパラレルキャリアフリーランサー。
92年リクルートフロムエー入社。関西、東海、ローカル地域36県での営業支援職を担当し、地域社員採用メディアの立ち上げにも従事。15年にツナググループに合流し求人代理店・HRツール支援事業の創成期を過ごす。

求人広告・地方媒体・HRツールのマニア。頑張る求人企業、地方企業の支援を生業に、求人広告の「いろはにほへと」を後世に伝える『琵琶法師』として、今も一喜一憂しながら無理しない日々を過ごしています。生涯現役。

Facebookはこちら

Instagramはこちら

Twitterはこちら

最高のラブレター(求人原稿)の作り方

『求人広告はラブレターである』

採用活動において求職者を口説くのは、意中の人を口説くのと同じ。この世のあらゆる採用コンサルタントが語り、もはや使い古されたのがこのセリフです。

でも、いま求人の主力であるGoogle・Indeedやお店の前の張り紙・採用看板には「学生もフリーターも主婦もシニアも、みーんな大・大歓迎♥」や「委細面談、待遇前職考慮」とかおよそラブレターとは思えない文面があふれています。

2020年、コロナ禍で採用環境が激変しました。求人原稿の掲載件数は数か月で半減、応募ゼロが当たり前だった会社やお店へ応募者が殺到するようになりました。 2021年も採用環境はおそらくこのまま。採用したい企業にとってのチャンスは続くといえます。このタイミングだからこそ、求人原稿を見直したら最高の採用ができます!

今回は求人原稿の書き方を『ラブレター』に例えながら、だいぶ砕けたトーンで解説したいと思います。