「キャリア」に関する人事のお役立ち情報(2/2)

キャリアには、会社・部署・役職・資格など外から可視化できる「外的キャリア」と、働きがい・やりがいなど本人の心の中で感じる「内的キャリア」があります。2つのキャリアを充実させることで幸せにつながるでしょう。

なぜキャリア自律は必要か?

「なぜキャリアを自らデザインしなくてはならないか?」この問いにあなたはすぐ答えることができるだろうか。キャリア自律の必要性が叫ばれるようになったのは何も最近の話ではない。しかし昨今、環境の大きな変化に伴い、キャリア自律せざるを得ない状況になりつつある。

日常会話からできる「やりがい」を見つけ、高める方法

ある会社では、「仕事人生に主人公意識を持ち、前向きに、主体的に努力し続けること」を「キャリア自律」と定義しているという。このキャリア自律は、個人が仕事で成長するために必要な要素だ。

何のためのキャリア自律か

今あなたがこの記事を開いた理由は何だろうか? 一行目で突然読む理由を尋ねられることはなかなか無い為、失礼な態度だと感じられたかもしれない。しかし、これがこの記事で一番重要なことだ。

育休明け社員にいきいきと活躍してもらうのは、お互い様感

ダイバーシティとは、簡単に言うと、国籍、性別、年齢、宗教、ライフスタイルなどに固執することなく多様な人材を受け入れることです。最近は男性の育休取得や、高齢者雇用など国が推進していることもありますが、まだまだ自信をもって当社は大丈夫だ!といえる会社は少ない気がしています。

キャリアの「自立」と「自律」

「自立」は自分の意見で一方的に主張するのに対して「自律」は他者との調整を図りながら、自らを律することとして区別し「自律型人材」は組織の進退に大きく影響している。

キャリア自律とは何か

近年、「キャリア自律」「自律的キャリア」という言葉をよく耳にするようになりました。ですが実は日本では既に1990年代後半から自律的にキャリアを考えることの大切さが指摘されていました。そもそも「キャリア自律」とは何を指すのでしょうか。