「マネジメント・リーダーシップ」に関する人事のお役立ち情報

マネジメントの基礎的なアクションは「平準化」「標準化」です。組織の基盤を作ることと言えます。リーダーシップは「影響力」。組織の盤石な基盤と、未来を切り拓く影響力を持つことはVUCAの時代の組織運営には欠かせないでしょう。

必読記事ピックアップ

【CANTERA talk】コーチングプロフェッショナル森真貴子氏とCANTERA ACADEMY卒業生が語るコーチングの本当の魅力とは(後半)

CANTERA ACADEMYメンバーが人事領域のプロと語るCANTERA talkの第三弾(後半)。
今回はコーチング界のプロフェッショナル森真貴子様と、CANTERA ACADEMY3期卒業の能登隆太さんのお二人にご自身の(苦い?)経験も含めてコーチングの本当の魅力について語っていただきました。

【CANTERA talk】コーチングプロフェッショナル森真貴子氏とCANTERA ACADEMY卒業生が語るコーチングの本当の魅力とは(前半)

CANTERA ACADEMYメンバーが人事領域のプロと語るCANTERA talkの第三弾(前半)。
今回はコーチング界のプロフェッショナル森真貴子様と、CANTERA ACADEMY3期卒業の能登隆太さんのお二人にご自身の(苦い?)経験も含めてコーチングの本当の魅力について語っていただきました。

なぜ?上司は無能のジレンマに陥った低評価人材を1年でMVPに育成できたのか?

〜「半年後に契約終了」という宣告を受けた社員が1年後に複数回MVPを獲得したストーリー〜

こんにちは。CANTERA ACADENY8期卒業、株式会社リソーシズの澄川寛です。今回は、転職先で立ち上がりが悪く、組織で浮いてしまった経験や、うまく行かない中頑張ったことで、現在の自分に繋がっている事例をお話させていただきます。

私は3度の転職を経て36歳で独立し、今年で43歳になります。今でこそお客様の経営支援をしていますが、サラリーマン時代にはうまく行かないことだらけでした。今回、恥ずかしながら、過去の体験を振り返ることにいたしました。

「今、うまくいっていない人材に対してどのようなアプローチをすればよいか?」あるいは「今、自分が置かれている立場をどのように受け止め、仕事をしていくのか?」など、記事を読んでいただく方にとって、オンボーディングやチームビルディングなど、何らかのお役に立てることを願っております。

現役人事担当者による「マネジメント・リーダーシップ」に関するお役立ち情報

【CANTERA talk】コーチングプロフェッショナル森真貴子氏とCANTERA ACADEMY卒業生が語るコーチングの本当の魅力とは(後半)

CANTERA ACADEMYメンバーが人事領域のプロと語るCANTERA talkの第三弾(後半)。
今回はコーチング界のプロフェッショナル森真貴子様と、CANTERA ACADEMY3期卒業の能登隆太さんのお二人にご自身の(苦い?)経験も含めてコーチングの本当の魅力について語っていただきました。

【CANTERA talk】コーチングプロフェッショナル森真貴子氏とCANTERA ACADEMY卒業生が語るコーチングの本当の魅力とは(前半)

CANTERA ACADEMYメンバーが人事領域のプロと語るCANTERA talkの第三弾(前半)。
今回はコーチング界のプロフェッショナル森真貴子様と、CANTERA ACADEMY3期卒業の能登隆太さんのお二人にご自身の(苦い?)経験も含めてコーチングの本当の魅力について語っていただきました。

なぜ?上司は無能のジレンマに陥った低評価人材を1年でMVPに育成できたのか?

〜「半年後に契約終了」という宣告を受けた社員が1年後に複数回MVPを獲得したストーリー〜

こんにちは。CANTERA ACADENY8期卒業、株式会社リソーシズの澄川寛です。今回は、転職先で立ち上がりが悪く、組織で浮いてしまった経験や、うまく行かない中頑張ったことで、現在の自分に繋がっている事例をお話させていただきます。

私は3度の転職を経て36歳で独立し、今年で43歳になります。今でこそお客様の経営支援をしていますが、サラリーマン時代にはうまく行かないことだらけでした。今回、恥ずかしながら、過去の体験を振り返ることにいたしました。

「今、うまくいっていない人材に対してどのようなアプローチをすればよいか?」あるいは「今、自分が置かれている立場をどのように受け止め、仕事をしていくのか?」など、記事を読んでいただく方にとって、オンボーディングやチームビルディングなど、何らかのお役に立てることを願っております。

効果的な1on1定着を妨げるボトルネック

ここ数年で、人事界隈では「1on1」というキーワードが頻出するようになりました。当社においても、1on1導入に関するお問合せ数は増えており、企業規模や業界を問わず、導入ニーズは確実に高まってきています。

組織の成長のために必要な「再現性」と「環境づくり」

1+1は2以上になるのか。数学ではもちろんあり得ないが、組織ではよく引き合いに出されるたとえだ。会社という組織になると、1人では成し遂げられないことが実現できる。効率的な分担によって量の拡大が可能になり、1人では思いつかない発想を形にすることもできる。

リーダーシップを「共有する」ことの重要性

スタートアップ、起業、ベンチャーのような言葉がかなり多くみられる時代となりました。VUCAと呼ばれるこの目まぐるしく変化する現代において、「リーダーシップ」という言葉のさらにその奥を考えてみてもいいのではないでしょうか。