「リモートワーク」に関する人事のお役立ち情報

働き方改革や新型コロナウイルス感染症により、多くの企業がWithコロナにおけるリモートワークをどう効率的に活用するか、今注目されている労働様式です。

必読記事ピックアップ

リモートワークと労働生産性を考える③

前回の記事(リモートワークと労働生産性を考える②)では動機付け、ストレスへの対処、マネジメントについて生産性向上との関連を述べて参りました。本稿ではリモートワーク環境のもとで求められるスキル、あるべき評価、オフィスの要否、社員への手当について生産性向上との関連を述べて参ります。

リモートワーク前提の社会とメンタルサポート

2020年3月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡がり、これまで当たり前に過ごしていたはずの日常が消え、生活の上での常識がひっくり返りました。マスクや消毒液が店頭から姿を消し、国からは外出を控えるよう通達が出され、国民全員が不安に感じる中、追い打ちを掛けるように感染拡大を防ぐために密閉・密集・密接のいわゆる3密を避けることが徹底され、撤退を余儀なくされた事業所も数多く発生しました。

リモートワーク導入時にマネージャーが注意すべきこと

リモートワークを導入するにあたって、全員がオフィスで働いていた頃にはできていた何かが失われるのではないかと危惧する声をよく耳にする。環境が大きく変わる時、この手の不安はつきものだ。それは、何が何に変わるのか正確に理解できていないことからくる恐怖である。自然災害などの場合は、この『何が何に変わるのか』の部分があらかじめ予測でないので非常に怖い。

現役人事担当者による「リモートワーク」に関するお役立ち情報

リモートワークと労働生産性を考える③

前回の記事(リモートワークと労働生産性を考える②)では動機付け、ストレスへの対処、マネジメントについて生産性向上との関連を述べて参りました。本稿ではリモートワーク環境のもとで求められるスキル、あるべき評価、オフィスの要否、社員への手当について生産性向上との関連を述べて参ります。

リモートワークと労働生産性を考える②

前回の記事(リモートワークと労働生産性を考える①)では企業文化と企業風土、企業の透明性、コミュニケーションについて生産性向上との関連を述べて参りました。本稿ではリモートワーク環境のもとでの動機付け、ストレスへの対処、マネジメントについて生産性向上との関連を述べて参ります。

リモートワークと労働生産性を考える①

筆者はこの数ヶ月、ウェビナーと呼ばれるオンラインセミナーに多数参加させていただきました。時節柄リモートワークに関する内容が多くの場で議論や対話が行われています。その中で頻繁に上がるワード「生産性」。リモート前提の働き方が労働生産性(以下生産性)向上に寄与するのか考えていきたいと思います。

リモートワーク前提の社会とメンタルサポート

2020年3月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡がり、これまで当たり前に過ごしていたはずの日常が消え、生活の上での常識がひっくり返りました。マスクや消毒液が店頭から姿を消し、国からは外出を控えるよう通達が出され、国民全員が不安に感じる中、追い打ちを掛けるように感染拡大を防ぐために密閉・密集・密接のいわゆる3密を避けることが徹底され、撤退を余儀なくされた事業所も数多く発生しました。

リモートワーク導入時にマネージャーが注意すべきこと

リモートワークを導入するにあたって、全員がオフィスで働いていた頃にはできていた何かが失われるのではないかと危惧する声をよく耳にする。環境が大きく変わる時、この手の不安はつきものだ。それは、何が何に変わるのか正確に理解できていないことからくる恐怖である。自然災害などの場合は、この『何が何に変わるのか』の部分があらかじめ予測でないので非常に怖い。