「戦略人事全般」に関する人事のお役立ち情報(3/3)

戦略人事とは、戦略的人的資源管理の略語です。 企業の経営目標や経営計画の実現と人的マネジメントを関連付ける人事であることから、従来の人事部の業務にはない視点だと、注目を集めています。

CHROはキャリアから機能へ

当サイトをご覧の方の多くは「ヒトの側面から企業・事業をドライブできる(戦略人事を実践できる)人材=CHRO」を目指す人事担当者ではないかと思いますし、また、そうした方の中には、CHROとしての実力を身に着けるために研鑽を積まれている方が多数いらっしゃるはずです。

経営理念を意識し、成功を続ける組織の構築

数十年前から「変革」「変化」といった言葉は絶えません。なぜ変えるのか、何の為に変えるのか、どのように変えるのか、という問いに対して正しく解を出せる組織へ、また他者が求める水準の一歩先を行き、成功し続ける組織を作りたい。そのような想いを皆様お持ちだと思います。 成功を実現する為に自社の存在意義である経営理念について今一度考えてみてはいかがでしょうか。

さくらインターネットの人事ポリシーと私のマネジメント

「社員を信じる」マネジメントの役割は、メンバーの強みを引き出し、自己肯定感をあげ、幸せにすることなのではないでしょうか。そう考えれば、マネジメントは喜びに満ち溢れた仕事になります。

経営理念と新規事業開発の因果な関係

新規事業は、新規事業をやるつもりがあってもなくても、既存事業部含めて、「私たちは何をすべきか、誰にどんな価値を、どういう美学で形にしていきたいか」を考える絶好のチャンスなのだ。

経営戦略を実現するための「人事」に必要なもの

サイエンスとアートは、反対の概念のように見えるが、実はそうではない。論理や分析のうえに成り立つサイエンスも、アートと同じように世界観がついてまわる。直観や感性のかたまりのようなアートも、その表現に至るまでの確固たる道筋が存在する。